もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 九度山にも行ってきた 2016年10月25日
2016年10月25日(火)22時33分

九度山にも行ってきた 2016年10月25日

平日なのに…、雨なのに…って関係ないか。

高野山から国道370号で九度山町に下り、道の駅「柿の郷くどやま」に行ってみた。


食事できるとこ、少ないのね。カフェだと物足りない。

道の駅で、食事できるとこが掲載された地図をもらったが、「そば処 幸村庵」しか…。

真田庵前駐車場に移動し、
2016102505s.png

PA250009s.jpg

ところが、いざ、行ってみると、凄い行列。
こりゃ、先に観光だなと。
PA250010s.jpg

真田庵へ。

PA250011.jpg

PA250012s.jpg

PA250013s.jpg

拝観料200円となっているが、後から入ってきた観光客は、払ってなかったぞ。

無人販売方式じゃ、不公平だな。
PA250014s.jpg

その後、「九度山・真田ミュージアム」へ。
PA250016s.jpg

観光客で、賑わってた。
PA250015s.jpg

その後、改めて、「そば処 幸村庵」へ。
PA250017s.jpg

14時ちょっと前なのに、3組待ち。

狭い軒先に、椅子が並んでで、ふと店内を見ると、空いてるではないか。

食事を終えて帰った客のテーブルが、片付けられずに放置され、実際に食事してる客は、全体の半分。
20161025_140838556.jpg

なんじゃこりゃ。

だから、食事を終えた客が出てきても、待ってる客は入れない。

さっさと片付けたら、待たされてる3組は、全員入れるのに。

散々待たされて、名前を呼ばれて入店したら、「空いてるとこ、どこでもどうぞ」だって。

なんという接客だ?

待てど暮らせど、注文を聞きに来ないので、厨房まで呼びに行った。

柿の葉寿司がセットになった「佐助御膳」を注文したら、10分位経った頃、「柿の葉寿司が品切れになったので、メニューを変えてください」と言ってきた。

はぁ?注文時に言えよ。なんだ、ここの店は?と思うわな。

で、「天ぷらそば」に変更。

とことん空きっ腹だったからかもしれないが、味は悪くない。

でも、接客は最悪。

ここまで書いて大丈夫か?と思われるかもしれないが、事実だから仕方がない。

しかも、「一般財団法人 九度山町柿の里振興公社」が運営しているのだから、改善の余地ありだろ。

そばが泣いてんじゃないか?

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事