Top Page › 未分類(再編中) › 警備用(工事用)ヘルメットでのバイク運転はOKなの? 2016年5月10日
2016年05月10日(火)17時38分

警備用(工事用)ヘルメットでのバイク運転はOKなの? 2016年5月10日


電気通信工事と思われるバケット車の後方に、原付バイクと小型自動二輪が走行していた。

被っているヘルメットは、警備用(工事用)ヘルメットだ。

道路交通法によると、
--
(大型自動二輪車等の運転者の遵守事項)
第七十一条の四  大型自動二輪車又は普通自動二輪車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶらないで大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車を運転し、又は乗車用ヘルメットをかぶらない者を乗車させて大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車を運転してはならない。
2  原動機付自転車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶらないで原動機付自転車を運転してはならない。
--
とある。

では、「乗車用ヘルメット」とは何だ?

ネット上に転がっている情報によると、「「PSC」マークか「SG」マークのついたもの」とある。

和歌山の警察が、そこまで厳しい取締をするかどうかは別として、もし、事故の加害者になった場合、被害者になった場合、どうなるか?

最悪の場合、そのヘルメットが、「PSC」マークか「SG」マークのついたものでなければ、ノーヘルと判断されることにもなりかねない。

それからもうひとつ。

右側のバイクは、ピンクナンバーだから、一般道では、制限速度がなければ、法定速度で走行できるが、

左側のバイクは、白色ナンバーだから、30km/h以下で走行しなければならない。

40km/h以上で走行している動画もあるけど、要る?

企業名もわからないし、雨合羽着用だから、尚更、特定は困難だろうけど、バケット車の追っかけに、原付バイクは、無謀だと思うけどな。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。