Top Page › 未分類(再編中) › ドコモからのペナルティ?メールを削除しただけで翌日午前0時迄ドコモメールが使えなくされた(追記あり)
2016年04月09日(土)19時21分

ドコモからのペナルティ?メールを削除しただけで翌日午前0時迄ドコモメールが使えなくされた(追記あり)

こんなことがあっていいのか?

スマホのドコモメールアプリで、不要なメールを500通程度を削除しただけなのに。

今朝から、ドコモメールが静かだなと思っていたら、メールが止められていたという話。

パソコンからRSSアプリに登録するデータをスマホのドコモメールに送信したら、エラーメールが返ってきた。
----
件名:Failure Notice
Sorry, we were unable to deliver your message to the following address.
<■■■■■■■■■■■■■@docomo.ne.jp>:
Remote host said: 552 Too much mail data ■■■■■■■■■■■■■@docomo.ne.jp [BODY]
--- Below this line is a copy of the message.
(以下省略)
----
ん?何が起こった?と思いつつ、ドコモメールアプリから、パソコンにメール送信しようとすると、こういうエラーが出た。

Screenshot_2016-04-09-15-40-14.png

--
送信できません

1日に送受信できるメール数を超過しているため、メールを送信できませんでした。
翌日以降に再送してください。
--
だとさ。

こっちは、パソコンのメールソフトに届いたエラーメッセージ。

docomomail.png

こういうことは、初めてだ。

というより、ドコモメールを削除したのは初めてだ。

ドコモ151によると、ドコモメールは、クラウドメールなので、メールを削除する行為も、送受信と同等にカウントされるとのこと。

そして、一定数(企業秘密)を超えると、クラウドストップとなり、翌日午前0時まで、メールが送受信できなくなるんだって。

でもな、クラウドストップという言葉も知らず、そういう警告もされず、いきなりこういうことになると困るんだよ。

ドコモメールのアドレスを変更したと思って、「アドレス変えたら連絡くれよ」みたいな電話が既に3人からあった。

その都度、これこれ云々でと理由を説明し、ご理解をいただいたが、迷惑な話だ。

ドコモメールが送受信できない(送信できない・受信できない)なんて考えたこともなかった。

仕組みを知らないっていうのは、怖いな。

いい勉強になりました。

って言うか、ドコモさん、こういうペナルティは、事前告知してもらいたいものです。

それとも、削除したメールが送受信扱いになるっとことは、俺は何者かに監視されているのか?

俺が削除したメールは、何処か違う場所に転送されているとか?

そういうことが行われているとすれば、大問題だよな?

俺が削除したメールは、完全に消えたのか?

あるいは、中国みたいなことが日本でも行われているとか?

いろいろ、勘ぐりたくなるよな。

前科者のメールは、どこかに蓄積されているとか?

まさかとは思うが、ドコモメールは、もしかしたら「危険なメール」なのかもしれない。

考え過ぎか?

クラウドメールを500件程度、削除したら、使えなくされたんだぞ。

----
ご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ
----
(追記 2016年4月10日)
ドコモメールアプリでメール送受信ができることを確認。しかし、疑念が消えたわけではない。
----
(追記 2016年5月11日)
どう考えても、納得できないので、NTTドコモに対し、以下の文書を郵送した。

d1_20160511170421bb0.png

d2_2016051117042435b.png

d3.png

4月17日に発送したものの、4月28日(ゴールデンウィーク直前)になっても、音沙汰がなく、ドコモ本社に、文書が届いているかを確認し、回答は、いついただけるのかを問い合わせたが、今日(2016年5月11日)になって、特定記録郵便で返事があった。

この文書を、インターネット上に公開することについて、ドコモ本社に通告済み。

CCI20160511.jpg

CCI20160511_0001.jpg

CCI20160511_0003.jpg

要望についてはともかく、苦情に対する回答が、ちんぷんかんぷんですね。

「メールの一斉大量削除」が、「送受信と同じ扱いになること」の説明が、なされていません。

メールの削除という行為が、最大送信数999通超という扱いになるということは、やはり、削除したメールが、どこか別の場所に転送されているという解釈になりませんか?

しかも、999通でペナルティと解釈できるような文言が記載されているが、俺が削除したメールは500通前後。

だって、受信箱に700通程度しかないものを、999通も、削除できませんよね。

俺からの文書の内容を理解していれば、こういう「トンチンカン」な返事は出せないはず。

それに、回答までの時間が、かかり過ぎ。

どこまで理解して、このような回答を送ってきたのか?

再度、書面にて、「御社からの回答についての苦情」を送付する。

こんな内容で、俺が納得するとでも思ったか?

内容が矛盾してることに、気付かないのか?

今後のやり取りについては、この記事に、追記という形で、報告します。(ツイッターで都度再送します)
----
(追記 2016年6月8日)
この事件、現時点で、未解決。

回答がもらえないので、5月12日に、発送した「御社からの回答についての苦情」文書を公開する。

0512docomo.png

5月27日に、ドコモメールペナルティの件で総務省の近畿総合通信局 電気通信事業課に意見申出を行った後、当日の13時56分に、0570-073-030から着信があったが、「調査する方法を模索している」との回答。

そして、昨日、ドコモ本社に対し、進捗状況を確認するも、明確な回答を得られず。

いつになったら、回答を出せるかわからないと言う。本社のお客様相談室のトップ(責任者)という人と話をした。

事象が発生したのが、4月9日。もうすぐ2ヶ月になる。

結局、NTTドコモという大企業は、こうやって、利用者をないがしろにするんだよ。

このまま、放置し続けるのであれば、端末分割金の残債と、2年縛りの解約違約金をチャラにしてくれたら、今すぐにでも解約したいと伝えた。

無茶な要求だということは、俺だって理解している。

しかし、NTTドコモという大企業は、事の重大さに気付いていない。

総務省も期待外れ。

イライラは、募るばかり。
----
(追記 2016年6月16日)
Screenshot_2016-06-16-18-24-18.png

今日、18時02分、0570-073-030(ドコモお客様相談室)から、着信があった。

内容は、ドコモメールをドコモメールアプリではなく、別のメールアプリから削除しなかったか?という内容。

話の意味がわからないので、書面で回答してください。と言って、切った。

その後、ドコモ151に電話し、ドコモメールをドコモメールアプリ以外で使う方法があるのか?を問い合わせた。

ややこしい設定が必要だが、EメールアプリやPC版のWebメールからも使えるらしい。

今日、初めて知ったよ。

ガラケーが長かったから、スマホのことは、よくわからない。

ドコモメールは、ドコモメールアプリでしか使えないと思ってた。

事象発生から2ヶ月以上経過したが、何も進展していない。

そろそろ、次の抗議文でも送ろうかと。社長も替わったようだし。
----
(追記 2016年6月28日)
客クレーム(トラブル)を共有できない企業風土のようなので、2016年6月17日、新社長宛にも「抗議文」を郵送した。
どうせ、企業トップの目に触れるようなことはないだろうけど。

0617docomo.png

文書で回答をしてほしいと書いたのに、今日(2016年6月28日)17時47分、また「0570-073-030」から、電話がかかってきた。

Screenshot_2016-06-28-18-48-08_2016062819103322e.png

大阪のお客様相談室からだった。

何らかの結論をいただけるのかと期待したが、見事に外れた。

サーバーの確認をするのに、2週間程度必要だと言われた。

まだ、やってなかったの?

「ドコモメール」って、名ばかりの、どこか別のメールサービスなんじゃないの?

証拠を残したいから、文書での回答を求めているのに、なぜ、電話してくるのだろう。

「0570-073-030」を着信拒否してやろう。

Screenshot_2016-06-28-19-26-23.png

Screenshot_2016-06-28-19-26-47.png

いつまで、のらりくらりやるつもりだ?

「日本死ね!」どころか、「ドコモメール死ね!」って言いたい気分だよ。

どうして、こんなことになったのか?

理由を知りたいと言ってるだけのこと。実害が発生してるんだから。

1日に999通以上の送受信をした際に課せられる、ペナルティが、500通程度の削除で課された原因を知りたいと言ってるだけなのに、「調べる方法を模索」だの、訳のわからない回答ばかり。

もう、ドコモに期待しても、無理かもな。
----
(追記 2016年7月8日)
ドコモから、不可解な内容の回答文書が届いた。

CCI20160708_20160708174249258.jpg

CCI20160708_0002_20160708174246ab5.jpg

この事象(ペナルティ)は、ドコモメールアプリの操作によって発生したものであって、「操作ログ等を確認させていただいたところ、ドコモメールアプリ以外のメーラにて、大量のメール削除(ゴミ箱へのメール移動)をされていた…と記載されているが、その事実はない。

実際、ドコモメールをドコモメールアプリ以外で使う方法を知ったのは、6月16日であり、それまでは、そのようなことができることすら知らなかった。

しかも、書面の最後に、「本書面をドコモからの最終回答とさせていただきたく存じます。」とある。

ドコモという大企業は、事実を捏造してるんじゃないか?

スマホ無知な俺に対して、体よく、都合の良いように、繕ってんじゃないか?

なぜなら、「操作ログ等」を、契約者である俺に対して、開示せず、一方的に終結させようとしている。

「操作ログ等」の開示を請求する。まだ、文書は作っていないが。

時間をかけて、忘れさせようとしているのか?

事象発生から、回答を出すまで、3ヶ月近くもかかるか?

どっちにしても、2年縛りが終わったら、ドコモは解約じゃ。

違約金がなければ、すぐにでも解約したいのだがな。
----
(追記 2016年7月22日)
2016年7月9日付で、以下の文書を送付した。

20160722000156ade.png

操作ログの情報開示請求をしたいので、方法を教えてほしいという内容。

俺は、契約者本人。今回は、泣き寝入りはしない。徹底抗戦じゃ。

いっそのこと、ドコモ側が、業務妨害で被害届を出してくれれば、一気にコトは片付くはずだが。

真実はひとつなんだから。

被害届を出さないのは、出せない理由があるからでしょうね。

ちなみに、2016年7月21日現在、何の回答もありません。

何か進展したら、また、追記します。
----
(追記 2016年7月28日)
ドコモから、また、不可解な内容の回答文書が届いた。

CCI20160728_0002.jpg

CCI20160728_0001.jpg

ドコモは、逃げました。これが、ドコモの実態です。

平然と嘘をつき、やってもない行為を、やったように欺き、証明を求めると、開示拒否をする。

そして、二度と手紙を送ってくるなと言わんばかりの対応。

酷いもんです。NTTドコモって会社は。

でも、納得のいく回答ではないので、泣き寝入りはしません。

再度、総務省に話をする。一度、情報提供しているから、何らかの対応はしてくれるかな?

強制力がないと言ってたから、骨折り損のくたびれ儲けになるかもしれないが。

でも、2018年2月まで、契約上の縛りがあるんだよ。金銭的な事情があるから、嫌でも持ち続けなければならない。

ドコモ逃亡!恥を知れ!
----
(追記 2016年5月27日)
2016年5月12日に、「御社からの回答についての苦情」というタイトルで再度、文書を郵送して2週間が経過したが、音沙汰がない。

この文書については、現時点では、未公開。相手方からの回答があれば、同時に公開する予定。(だったが、2016年6月8日公開済み)

2016年5月26日の時点で、12日発送分の文書が相手側に届いてることは確認済みだが、回答はいつになるかわからないとの話。
そこで、総務省の近畿総合通信局 電気通信事業課に、「意見の申出」を行った。

文書で提出するつもりで、確認の電話をしたら、電話対応できるとのことで、事の顛末をすべて話した。

総務省|電気通信消費者情報コーナー|意見の申出制度とは

総務省|近畿総合通信局|お問い合わせ

電気通信サービス(電話・インターネットプロバイダー事業等)は、電気通信事業課 (06-6942-8519)で、土日祝日・年末年始を除く午前8時30分から正午まで及び午後1時から5時15分まで、受け付けてくれる。

携帯電話事業者に対する苦情係みたいなところだが、強制力はなく、苦情の伝言係的な存在らしい。

ただ、少なくとも、ドコモのお客様相談室よりも知識はあると感じた。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。