Top Page › 気になること・思うこと › 身近なところまで来ている? なんたらウイルス 2021年4月(追記あり)
2021年04月25日(日)04時45分

身近なところまで来ている? なんたらウイルス 2021年4月(追記あり)

こういう状況下でも、市街地に出かけることが少なくない家族が居る。

その家族の知人のうち、少なくとも3人が、最近、接触者として、PCR検査を受けて、いずれも陰性だったとの話。

個々の3人だが、その家族や親戚に、陽性者が出ていると。

この手の話って、遠い存在だと思ってた。

3月だっけ、親戚の子のアルバイト先で、複数の感染者が発生した時、俺の家族が、最悪の場合、接触者になるかもしれないという話があったが、結果的に、接触者にならずに済んだ。

家族の通院送迎で、週イチ、紀の川市に出掛けているのだが、他府県ナンバーの乗用車を見ることが増えた。

奈良、飛鳥、和泉、堺、…。

俺の場合、夜に出かけるということは、ないに等しいので、夜の街がどういう状況なのかというのは、わからない。

状況がコロコロと変わるから、断片的な記事は、避けたいのだが、方向性が見えない。

世間のゴールデンウィークは、間近だが、マンボウの話は、どうなったんだ?

報道さん向けの県の記者会見が、連日行われているが、実際に報道されるのは、ごく一部。

どこどこでクラスターが発生して、どこどこで何人の新規感染者がどーたらこーたらで…。の繰り返し。

巷では、夕方に、「今日、何人出た?」なんて会話が。

日没頃に、水やりに来た人たちが、マスクなしでな。

屋外だもんな。

どこぞの府知事のように、メディアに露出しすぎるのもどうかと思うが、最近、全然出てこない県知事もどうかと。

思うことは、いくらでもあるが、この報道。


これだよな。
和歌山県新型コロナウイルス感染症予防対策調査及び認証制度 | 和歌山県魚拓

報道された飲食店以外に、どこが認証されたの?

他府県には、こういうのがある。
やまなしグリーン・ゾーン認証
「新型コロナ対策認証事業所」認証制度/とりネット/鳥取県公式サイト

立派なサイトが必要かどうかは別として、認証事業所は、どこなのか?という情報は必要だろうな。

認証施設でも、大丈夫ではないこともあるようだが。

そもそも、飲食店に限ってだが、GoToEatの加盟飲食店は、感染予防対策は万全とかって話じゃなかったっけ。

もうひとつ。

和歌山市って、市民に対する広報をもっとすべきでは?

防災行政無線を使った呼びかけは、4月2日と、5日だけだったような。

2021年4月25日から、再開するようだが。

市内全域の、約2200店舗を、毎日4チームで確認に行っている間に、5月11日を過ぎるんじゃないか?

公式LINEの通知も、新規感染者数が目立つ仕様になっただけ?みたいな。
9847.jpg

9848.jpg

記者会見を行った当日に、動画共有サイトにアップして、SNSで通知してくれるのは、評価できるが、グダグダなんだよな。

音声、もうちょっと何とかならないのか?

手話通訳が、追いついていないような気もするが。

収束に向かっているならまだしも、このままゴールデンウィークに…というのは、どうなんだろうな。

施策がややこしいと感じるのは、気のせいだろうか。

ゴールデンウィークなんて、個人的には、普段と何も変わらない生活だろうけど。

連休の関係で、通院送迎がなくなるだけみたいな。
----
(追記)
2021年4月25日11時08分から9分間撮影したものを6倍速編集したもの。(和歌山南スマートインターチェンジ付近)

2021年4月25日12時50分の防災行政無線は、強風の影響なのか、ほとんど聞こえなかった。


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。