Top Page › 気になること・思うこと › 医療従事者よりも高齢者のほうが早いって…? 2021年4月(追記あり)
2021年04月09日(金)04時45分

医療従事者よりも高齢者のほうが早いって…? 2021年4月(追記あり)

2021年3月31日に、クリニックのDr.から聞いた話を、トップページに掲載していたのだが、記事にしておく。

トップページにあったもの。

--ここから--
定期通院日だった、2021年3月31日。

普段通りに、かかりつけ医(クリニック)に、8時30分に診察券を入れて、車中待機。

9時にクリニックに入ったら、待合室は、普段の倍以上の人が。

クリニックの電話は、鳴りっぱなし。

Dr.曰く、「我々、医療関係者の接種より、高齢者の接種が早くなりそう。」と。

聞くところ、クリニックなどの医療関係者のワクチンは、医師会の管轄で、高齢者のワクチンは、保健所の管轄。

ただ、初回のワクチンは、たったの5人分しか入ってこないということで、往診患者に接種し、外来患者さんには、5月以降になる見込みと、説明していると。

和歌山市のホームページの、このページ(魚拓)には、「医療機関によって接種できる日は異なります。必ず電話で接種日を予約してから受診するようにしてください。」と、記載されている。

しかし、現状、接種希望の申し出だけを受け付けていて、ワクチンが届く予定が確定した時点で、クリニックから、患者さんに電話して、接種日時を決めるしかないと。

ワクチン接種をやらないクリニックは、混乱することがわかってて、逃げたんだろうなぁとも。

幸い、俺の定期通院先は、かかりつけ患者にだけ接種してくれる。

高齢者の後、一般向けの接種でも、同様の対応をすると言っていた。

ただ、こんな状況だと、一般向けのワクチンは、年明けになるんじゃないか…?とも。

Dr.曰く、ワクチン接種どうのこうのより、感染予防対策を徹底して、このクリニックの、コロナ感染、第1号患者にならないように…ってさ。

予定していた、胸部レントゲン(気管支肺炎から1年後)が、ワクチン対応で混乱しているから、次回(4週間後)だって。おいおい。

余談だが、予約開始日の2021年3月31日、朝9時時点で、60人以上の接種希望の申し出を受け付けたとのこと。

診察時間外に、クリニックにかかってきた電話を、Dr.のケータイに転送していて、朝6時に、「ワクチンの…」と電話してきた患者さんがあったと。

(2021年3月31日掲載)
--ここまで--

他記事の追記にもあるが、2021年3月下旬から、心療内科にも通院している。

そこのDr.にも、「もう接種されました?」と尋ねてみた。

「精神科医なんて、最後の最後だろうと思う。」って。

接種希望者の名簿は提出しているが、音沙汰すらないって。

「内科医さんのように、リスクの高いところから、やってもらえればいいの。」とも。

もうひとつ、大きな病院に通院している、親の付添通院時、担当医にも、「もう接種されました?」と尋ねてみた。

担当医は、週に1日(決まった曜日)だけしか、その病院で診察しない.。

「この病院の医療関係者は、ほとんどの人が、接種を終えているらしいけど、私のような、応援の医師は、まだです。たぶん、5月か6月か?」と。

毎日、異なる病院で、診察するDr.。

こういうDr.こそ、先に接種すべきだと思うけど、何だかなぁ。

余談だが、和歌山市の「接種協力医療機関一覧表」に掲載されている医療機関で、接種希望の申し出を断っているクリニックがあると聞いている。

「6月以降に、改めて、お電話ください。」とか、「6月以降の通院時に、接種希望の予約を受け付ける予定です。」とか、言っていると。

めちゃくちゃだな。

【魚拓】新型コロナウイルスワクチン接種について|和歌山市に、「4月に接種予定の新型コロナワクチンの予約は終了しました。」って、掲載されているけど、月単位の予約が、必要なの?

こんなことやってたら、いつまでも混乱するわ。
----
(追記 2021年4月10日)
親の依頼で、親のかかりつけ医に、薬をもらいに行った。(院内処方)

地区の回覧板にあった、おそらくこれと同じ接種協力医療機関一覧表(魚拓)に、掲載されていないクリニック。

受付で、「ここでは、高齢者のワクチン接種は、できないんですよね?」と、聞いてみた。

受付の人曰く、「できますよ。いつになるかわかりませんが、接種希望予約は、既に受け付けています。」と。

「回覧板にあった、一覧表には、ここの(クリニック)が掲載されていなかったから、患者自身(両親)は、混乱してますよ。」と言ってみた。

受付の人曰く、「あれは、4月接種の一覧表と聞いています。患者さんを混乱させるようなことはしませんよ。」と。

はぁ~?

確かに、「5月以降、ワクチンの供給量が安定しましたら、接種協力医療機関が増える予定です。その際は、改めてお知らせします。」と掲載されているが、「4月接種分だけの接種協力医療機関一覧表」とは、記載されていない。

かかりつけ医で、できるできないを、見誤っている高齢者は、俺の親だけではないはず。

ついでに、「このクリニックの従事者は、もう接種されました?」と聞いてみた。

「まだです」とのこと。

先が思いやられるような話だな。
----
(追記 2021年4月19日)
通院先の心療内科のDr.が、5月下旬に、1回目の接種が受けられることに決まったと。

Dr.と、クリニックのスタッフさんが、一緒に受けられるの話。

ただ、1ヶ月以上も先に話なので、どうなることやら?と。
----
(追記 2021年4月26日)
新型コロナウイルスワクチン接種協力医療機関一覧表(令和3年4月26日現在) (PDF 655.6KB)魚拓)が、更新されている。

これって、高齢者向けだよな。

PDFを印刷したら、A3用紙に設定されているから、途切れてしまうのね。

高齢者に優しくない仕様なんだ。

PDFを画像化して、A4サイズにしたら、文字が潰れて見えないし。

早く気付いた人が、さっさと予約して、市からの配布物と一緒に入ってるのを見た人は、遅くなる仕組みかな。
----
(追記 2021年4月28日)
定期通院先の内科は、先週(4月19日からの週)に、医療従事者向けの、1回目の接種が行われたとのこと。

5人(Dr.1人、看護師2人、事務2人)のうち、1人が嘔吐、もう1人が頭痛が起きたと。

Dr.も。接種日の翌日の夕方頃まで、摂取したほうの腕を上げると、痛みがあったと。

和歌山市の高齢者向けのワクチン接種が、本格的に始まるまでに、1回目の接種ができたのはありがたいが、もうちょっとなぁ…と言っていた。


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。