Top Page › 注意喚起 › ドコモガラホ(P-01J)に「通知不可能」で「中国語の自動音声」着信が… 2021年4月6日

2021年04月08日(木)

ドコモガラホ(P-01J)に「通知不可能」で「中国語の自動音声」着信が… 2021年4月6日

中国語を理解できないので、何を言ってるのか、さっぱりわからない。

詐欺予兆かもしれないという想像はできるが。

通話録音と、着信履歴のキャプチャを合わせて、作ってみた。

同じ文言(同じ波形)と思われるのが、2回繰り返され、自動的に切れた。

発信者番号があれば、都度、記事にできるが、こういうのは鬱陶しい。

経験上、通知不可能で、必要な着信があったことがない。

ということは、拒否しても、大丈夫ってことだ。

繫がるかな?

ドコモ151(-2-3)。

コミュニケーター曰く、ドコモケータイの操作(設定)担当は、空いているそうだ。

取説の、54ページに掲載されているとのこと。

やってみた。
Screenshot_2021-04-06-16-42-06.png

Screenshot_2021-04-06-16-42-27.png

Screenshot_2021-04-06-16-42-46.png

Screenshot_2021-04-06-16-42-55.png

Screenshot_2021-04-06-16-43-06.png

Screenshot_2021-04-06-16-43-33.png

Screenshot_2021-04-06-16-43-40.png

Screenshot_2021-04-06-16-44-02.png

Screenshot_2021-04-06-16-44-19.png

これで、設定完了。

ただ、注意すべきことがある。

他の項目(登録外着信拒否など)の設定が、どうなっているのかを。

不自然な設定になっているような、いないような。

でも、こういう設定って、ネットワーク上で、できないんだな。

端末上の設定だから、着信履歴に残るかも。

ドコモのコミュニケーター曰く、着信履歴に残るか、残らないかは、わからないってさ。

通知不可能だが、詐欺予兆かもしれない発信を、ネットワーク上で、シャットアウトできないものか?

もっと言えば、犯罪なり、詐欺予兆に使われている電話番号からの着信を、シャットアウトできないものか?

携帯電話事業者だけでなく、固定電話事業者にしてもそうだが、犯罪の片棒を担いでいるような気がするのは、気のせいか?

ガラホや、ガラケーだと、「あんしんセキュリティ | サービス・機能 | NTTドコモ」は、使えないもんな。

で、ちょっと面白い話。

ドコモ151のコミュニケーターは、教えてくれなかった話だが、「迷惑電話ストップサービス | サービス・機能 | NTTドコモ」というのがあって、指定した番号だけでなく、最後に着信し通話した番号を、自動応答で拒否してくれるというのがある。

操作方法…ご利用ガイドブック_迷惑電話ストップサービス

端末で設定したのを、My docomo上で確認したところ、通知不可能だったのに、携帯電話番号が表示されていた。

これ。
20210406meiwaku.png

09080101531(090-8010-1531)って、どこの誰じゃ?

検索しても、ヒットしなかった。

直近の着信が、通知不可能で、迷惑電話ストップサービスに登録したら、09080101531(090-8010-1531)となった。

ということは、おそらく、そういうことだろうな。

発信元は、外国ではなく、日本国内の携帯電話ってことになる。

どんな方法で、通知不可能で発信しているのかは知らないが、こういう形で、表に出るなんて、面白いな。

余談だが、「通知不可能 中国語 自動音声」で、他所様の記事があったので、張っておく。(標準のリンクカードが使えねぇ。)


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。