Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への本章 › 「序章」から「本章」へ(カテゴリ名の変更) 2021年4月

2021年04月01日(木)

「序章」から「本章」へ(カテゴリ名の変更) 2021年4月

2021年4月からの変更点として、一時期、ブログトップに表示していたのが、この記事。

カテゴリを分けるのではなく、カテゴリ名を変更して、続くもの。

想定内とは言え、次々と、問題を起こしてくれるようになってきた。

歳も歳、と言えば、そうなのだが、難しいわな。

一気に悪くなったということはない。

徐々に…だが、いろいろある。

ご近所さんから、指摘されることも。

「◯◯さん、何かあった?」なんて、やんわりと言ってくれるのもあれば、認知機能的に、言う人も。

家族内でも、ひとつの会話の中に、同じことを、しつこいほど、繰り返すことがある。

電話で、相手に怒鳴ったりとかも。

元々、面倒な人だったが、より一層、面倒な人に、パワーアップしたような。

聞き飽きたが、最近、頻繁に、こう言われる。

「うちには、孫が居ない。あんた(俺のこと)が、ちゃんとした人生を送らないから、こんなことに…」って。

「育て方を、間違えたんじゃないか?」と言ってやったよ。

ちゃんとした人生って、何だ?

適齢期に結婚して、子を作ることか?

家系図が終わるとかとも言われた。

知らんがな、そんなこと。

ご先祖様に申し訳ないと思わないのか?って言われたこともある。

今更、言われてもな。

他人事だが、50歳目前に、15歳(?)年下と結婚して…という話を、誰かから聞いたことがあるような。

どうでもいい話だが。

過去記事にあったような気もするが、俺が、生涯独身を決めたのは、随分、早かったような。

この親だったら、家庭がぶっ壊されるかも…というのは、簡単に想像できた。

俺に、その気がなかったというのもあるが。

長男なんだから、親の面倒を、一生見るのは、当たり前というようなことを、幼い頃から言われていたような気もする。

面倒見てると思うけど。

行きたいというところには、感染リスクに関係なく、送迎しているし、依頼された、無駄な買い物なども。

これから、もっといろんなことが起きるだろう。

かかりつけ医(俺の定期通院先とは異なる)に、認知機能のことで、相談する必要があるかもしれない。

面倒なことを避けたいような気もするが、どこかで、手を打つ必要もあるかもな。

ってことで、「序章」から「本章」へ。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。