Top Page › 気になること・思うこと › 新型コロナウイルスのワクチン接種は自己責任で…と言われても 2021年3月

2021年03月09日(火)

新型コロナウイルスのワクチン接種は自己責任で…と言われても 2021年3月

不定期だが、2週間から8週間ごと(担当医の判断による)に、大きな病院に通院している親が居る。

先日の通院時、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けても、問題ないか?と、主治医に尋ねたところ、「免疫抑制剤を使用しているが、実際、接種を受けたからといって、どういうことになるのかを聞かれても、わからないと答えるしかない。」との話。

そういうことは、他の患者さんからも、よく尋ねられるとも言っていたが、データがないから答えられないと。

しかも、誰もが感染するリスクがあると言われているが、感染していない(したことがない)人のほうが多い。

ワクチン接種せずに、感染しない生活を心掛けることが必要…という、よくわからない持論を展開された。

様子見するにしても、ワクチン接種するにしても、全ては、自己責任なので…とのことだった。

データがないから答えられないというのは、理解できなくもない。

ただ、「自己責任」という言葉で、完結するような話でもない。

かかりつけ医(クリニック)で、病名がほぼ確定し、大きな病院で、検査を受けた時に、そのままその病院で治療することになったのが、2019年7月。

症状が改善せず、免疫抑制剤の服用を始めたのが、2020年1月頃だったかと。

歳も歳だから、完治することはないが、症状を若干、和らげることができるとか。

同居家族のことだが、俺自身の話じゃないから、よくわからないところも少なくない。

ただ、主治医に相談した結果、余計にわからなくなるというのは、如何なものか…とは思うが。

実際に、高齢者の接種が始まるのがいつからというのは、わからないが、接種直後に、何かが起きる可能性があるなら、設備の整った通院先の病院で、受けさせてやりたいわな。

(参考)
新型コロナウイルスワクチン接種について|和歌山市

何かあれば、追記する。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。