Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 家庭用電話機の買い替え 2021年1月

2021年01月27日(水)

家庭用電話機の買い替え 2021年1月

スマホの次は、家の電話機かよ。

7年も使えば、壊れるか。

我が家の家庭用電話機は、これだった。

購入したのは、2013年7月。

最近、子機の反応が悪くなったという。

子機の充電池を交換すれば済む話のような気もするが、迷惑電話を何とかしたいという話もあり、機種選定してほしいと。

できれば、大きく変わるのも、避けてほしいと。

って、初期設定するのは、俺だよ。

俺が、自宅の電話機を使うことはない。

記事ネタに使うことはあっても。

しかも、もう、FAXは、要らないって。

この手の記事って、過去記事にあったような。

2016年9月の記事があったが、ちょっと違う。

最近の家庭用電話機は、随分、賢くなったようだ。

ただ、機種によっては、1ヶ月以上の入荷待ちやら、入荷未定というのもあった。

これを発注。

候補になったのは、これ。

違いは、色と、親機が受話子機かどうかと、停電時対応かどうか。

停電時対応にしても、ひかり電話ルーターに給電できなければ、意味がない。、

「0120」と、「0800」で始まる電話番号と、非通知で、かかってくる電話は、全て拒否。

電話帳登録件数が、300件(番号)。

買い替え前の機器が、100件だった。

家庭用電話機なんか、要るの?と思われるだろうが、ケータイにではなく、自宅の電話に、必要な電話がかかってくることは、少なくない。

それにしても、高価な買い物だ。

耐用年数で割ると、そうでもないのかもしれないが。

機能というか、性能は、良くなったんだろうけど、最大の欠点が、電話帳登録。

スマホなり、ガラホなり、ガラケーなり、機種変更時に、電話帳のデータ移行は、そう難しいことではない。

でも、家庭用電話機は、手入力なのだ。

買い替え前の電話機は、FAX付きだから、プリントアウトできる。

でも、文字が小さくて、数字の判別が難しい。

面倒な作業だった。

親機から子機、または、その逆への、電話帳同期機能はあるが、入力を間違えると、間違い電話の元になる。

せめて、同じメーカーなら、簡単に移行できれば、便利なのに。

それから、電話帳の文字入力の漢字変換が、馬鹿なのね。

取説も、ペラッペラだし、見づらいし。
P1220417.jpg

でも、良い仕事してくれてる。
P1230420.jpg
電話番号0120948018の詳細情報 - 電話番号検索
0120-948-018の詳細 - 電話番号検索@迷惑電話チェック (0120948018)
電話番号0120948018は注意が必要な電話

P1160250.jpg
電話番号0723551823の詳細情報「ホームテック(リフォームの営業)」 - 電話番号検索
072-355-1823の詳細 - 電話番号検索@迷惑電話チェック (0723551823)

P1230421.jpg
P1230422.jpg
0800-170-7236の詳細 - 電話番号検索@迷惑電話チェック (08001707236)
電話番号08001707236はネット回線営業【社名不明】

こういう感じ。
(共有)

「0120」と、「0800」で始まる電話番号のほとんどが、不必要な電話。

週イチペースで、着信拒否した電話番号を、ネット検索して確認するから、必要な着信相手に発信すれば済むし、次回からは、違う電話番号で掛けてもらえば済む。

携帯電話にも、こういう機能があれば便利かも。

もっと進化すべきことが、そうではないんだよな。



関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。