Top Page › 「和歌山」です › 某病院の料金計算センター待合にて 2021年1月6日

2021年01月07日(木)

某病院の料金計算センター待合にて 2021年1月6日

付添通院日だった。

診察を終え、料金計算センターの待合で、順番待ちしていた時のこと。

「13日に、5,500円、持ってこんかったら、どうなるかわかってるやろな?警察に突き出すぞ、こら!」という声が。

病院職員の名札を付けた男性が、患者らしき男性に、そう言ってた。

録音?

ないよ。

スマホに、ICレコーダーアプリはインストールしているが、頻繁に、録音しているってことはない。

どこの病院とは書かないよ。

患者らしき男性は、「すみません、すみません。」と。

これ、公衆の面前でやるような話か?

患者らしき男性の右側には、病院職員の名札を付けた男性。

左側には、病院の施設警備員の男性。

お金がないのに、診察を受けた?

財布を忘れて、診察を受けた?

おそらく、前者だろうな。

警察に突き出されることを覚悟の上で、診察を受けた?

わからんけど。

救急車で運ばれたなら、まだしも、自分の足で病院に来れたなら、先に、市役所にでも行けばいい。

行政に助けを求めたら、運が良ければ、助けてもらえる。

運に左右されるので、絶対にとは書かない。

助けを求めなければ、助けてはもらえない。

恫喝とも思えるような台詞を言うなら、さっさと警察に突き出せばいい。

その先は、警察が、行政に相談するなりしてくれる。

病院の質の問題としか思えない。

料金計算センターの隅っこならまだしも、カウンターに近い、最前列でやるか?

治療費が払えなくても、病院に通院して、治療を受けることができることもある。


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。