Top Page › 「和歌山」です › 数日前にリニューアルオープンしたスーパーの駐車場警備員が… 2020年12月13日
2020年12月14日(月)

数日前にリニューアルオープンしたスーパーの駐車場警備員が… 2020年12月13日

ちょっと、連呼し過ぎたかな…。

でも、これは酷すぎる。

自宅から、片道16分かけて、買い物に行くって、割に合うのかどうかと思うが、親が行きたいと言えば、断れない。

「行きたかったのに、連れて行ってくれなかった。」と、先々、言われるのもなぁ。

この店舗。
チラシ画像の魚拓

元々、駐車場は広くない。

空き車室があるのに、満車のプラカードを、「これでもか!」と言わんばかりに掲げてられもなぁ。

一部始終が、これ。

俺なら、2箇所ある車両出入り口を、オープン期間中だけ、1箇所にして、場内を、一方通行にして、通路待機させて、完全満車状態にしてから、プラカード登場って流れを作るけどな。

この地域ならでは…の、やり方かもしれないが、もうちょっと、方法はなかったのか?

それと、警備員に、声がないのね。

「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」のね。

こういうご時世だから、大声を出す必要はない。

軽く会釈するだけでも、伝わるものだが。

これができているスーパーの駐車場は、少ない。

店舗のイメージアップも、イメージダウンも、最初に顔を合わせる、警備員次第だと、俺は思うが。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。