Top Page › 未分類(再編中) › 近畿2府4県で「自転車保険の義務化」がないのは和歌山県だけ 2020年11月
2020年11月24日(火)04時45分

近畿2府4県で「自転車保険の義務化」がないのは和歌山県だけ 2020年11月

某SNSで、こういうのが届いてた。
20201122kanden.png

見ての通り、和歌山を除く、2府3県で義務化となっている。

調べてみた。

大阪府では、2016年4月1日に施行された、大阪府自転車条例で、2016年7月1日から、自転車保険の加入が義務化されている。
京都府では、京都府自転車の安全な利用の促進に関する条例が、改正され、2018年4月から、自転車利用者の自転車保険加入が義務化されている。
兵庫県では、2015年4月1日に施行された、自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例で、2015年10月より、自転車損害賠償保険等への加入が義務化されている。
滋賀県は、2016年2月26日に施行された、滋賀県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例で、2016年10月より、自転車損害賠償保険等への加入が義務化されている。
奈良県は、2019年10月15日に施行された、奈良県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例で、2020年4月1日から、自転車保険の加入が義務化されている。

和歌山県には、2019年4月1日に施行された、和歌山県自転車の安全利用の促進に関する条例があるが、自転車保険の加入が義務化ではなく、努力義務化されただけ。

足並みが揃えられないというか、温度差がある。

サイクリングロードが、どうたらこうたらと、力を入れている割には、肝心なところが…な。

自動車保険などの損害保険に、特約で、個人賠償責任保険を付けると、自転車保険として使える。

付帯できる保険がなければ、記事冒頭のプランでも…。

いろんな意味で、何かが違うのが、和歌山県なんだろうな。

こちらも参考に…。


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。