Top Page › 日記 › 歯科治療後に起きた体調不良 2020年11月

2020年11月20日(金)

歯科治療後に起きた体調不良 2020年11月

2020年9月から、定期的に、歯科通院している。

記事があるので、追記しようかとも思ったが、既に大きくなっているので、新たな記事にする。

こういう経験は、滅多にないことだろうし。

治療を始めた頃に、奥歯を、複数本、抜かれた時は、治療後の痛みも少なく、翌日には、腫れも治まった。

今回は、下がった歯茎を切開して、埋もれた歯を露出させるための手術という説明だった。

FOP手術とかで、1時間程度を要したような。

帰宅後、やたらと寒気がして、20時には、布団に入った。

でも、寒気が止まらず、真冬の就寝スタイル(パジャマの上に防寒コートを着る)に、してみた。

抜歯の時もそうだが、手術した後の食事は、絶食。

確かな時刻は覚えていないが、数時間おきに、トイレに行った。

摂取したであろう水分量を遥かに超える尿が出た。

おかしいなと思った後、トイレに行く度に、メモってみた。

1時5分…90.1kg
3時43分…89.6kg
7時6分…89.0kg

就寝前に、スマホアプリに入力していた、20時18分が、91.7kg。
5453.jpg

約11時間で、2.7kgも、体重減少していた。
5454.jpg

寒気は、1時頃に、治まった。

でも、逆に、暑くなってしまった。

コートを脱ぎ捨て、掛毛布も外して、ちょうどいいくらい。

体温は計っていない。

そこまで、頭が回らなかった。

痛み止めとして、「ジクロフェナクNa錠」。抗生物質の「アモキシシリンカプセル250mg」を処方されていたが、抗生物質しか服用していない。
PB149128.jpg

あれだけ頻繁に、トイレに行ったから、爆睡したという感覚はない。

歯茎は腫れているし、顔も腫れている。

痛みは若干だが、薬に頼るほどでもない。

朝8時30分に体温を計ってみた。
PB149129.jpg

その後、倦怠感のようなものが続いている。

毎日、菜園で、やらなければならないことがあるので、普段より、時間短縮して行っているが、疲れやすい。

首から肩、そして、腰が、とても痛い。

そこまで、影響があるかなと思うくらい。

2020年11月16日の朝、自宅の階段で、足を踏み外し、滑り落ちた。

直前の記憶がない。

右足は、大きく腫れ、傷ができた。
PB169179.jpg

PB169180.jpg

PB179191.jpg

体調が、普段とは全然違う。

注意力散乱状態。

散漫か。

次回の歯科通院の前に、4週間毎の内科通院があった。

傷を見てくれて、湿布を処方してくれた。
PB189230.jpg

傷口に絆創膏、その上に湿布。
PB189231.jpg

痛々しいけど、実際、痛い。

徘徊(ウォーキング)は、無理。

入浴も無理。

散々だよ、まったく。
----
(追記 2020年11月30日)
2週間ぶりに、入浴(湯船に浸かった)。

徘徊も、そろそろ再開できるかな…と。

ただ、腫れの引きは良くない。



関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。