Top Page › 日記 › 「俺のケータイ」と「我が家のネット回線」事情 › 2011年以降の毎年1月利用分の携帯電話料金

2020年11月01日(日)

2011年以降の毎年1月利用分の携帯電話料金

巷では、携帯電話料金の値下げが、どうたらこうたらと、話題になっているが、ごく一部の契約者が、恩恵を受けるものであって、俺には、一切関係ないもの。

俺のPC(外付けHDDを含む)に保存している、過去9年間の携帯電話料金の請求明細は、こうなっていた。

2011年1月利用分(ドコモのみ:8,968円)
201101d8968.png

2012年1月利用分(ドコモのみ:6,001円)
201201d6001.png

2013年1月利用分(ドコモのみ:2,642円)
201301d2642.png

2014年1月利用分(ドコモのみ:1,277円)
201401d1277.png

2015年1月利用分(ドコモのみ:11,302円だが、電話番号変更料を差し引くと、9,142円。)
201501d11302-9142.png

2016年1月利用分(ドコモのみ:7,216円)
201601d7216.png

2017年1月利用分(ドコモのみ:7,003円)
201701d7003.png

2018年1月利用分(ドコモ:2,475円と、楽天モバイル:0円(ポイント充当)で、合わせて2,475円。)
201801d2475.png

過去記事で使った画像
2018120902.png

2019年1月利用分(ドコモ:2,410円と、楽天モバイル:0円(ポイント充当)で、合わせて2,410円。)
201901d2410.png

過去記事で使った画像
2019r.png

2020年1月利用分(ドコモ:1,608円と、LINEモバイル:348円で、合わせて1,956円。)
202001d1608.png

5093.jpg

直近、2020年9月利用分(ドコモ:1,300円と、LINEモバイル:475円で、合わせて1,775円。)
202009d1300.png

5094.jpg

ツッコミどころ満載の画像だな。

毎年1月に、どの端末を使っていたかという記録や、記憶はない。

ただ、初めてスマホを持ったのが、2015年5月だったことは、過去記事にある。

また、ガラホとスマホの、2台持ちを始めたのが、2017年5月。

最初は、楽天モバイルで、2019年6月(契約は5月末)からは、LINEモバイル。

過去記事にあるものについては、把握しているが、忘れることが得意なもので。

1ヶ月分の料金だから、年間の携帯電話料金を考えると、未納も起こさずに、よく支払っていたなと思う時期もある。

今(2020年10月)は、ドコモガラホP-01Jと、SIMフリー端末のZenFone Max (M2)。

ドコモも、LINEモバイルも、現行の料金プランではなく、旧料金プラン。

2台持ちすることで、5分定額の通話と、LINEフリーの1GBプランが使えて、月額2,000円未満。

こういうのを、総理が言うところの、「自助」になるのか?

知らんけど。

無駄を省いて、利用者に合った料金プランを選択することで、見直しをできることもある。

ただ、現行の料金プランだと、2台持ちしても、5分定額の通話と、LINEフリーの1GBプランが使えて、月額2,000円未満にはならない。

ドコモだけで、2,090円。LINEモバイルが、SMS付きデータSIMのLINEフリーの500MBプランで、660円。合わせて、2,750円。

1GBなら、余裕だが、500MBじゃ足りない月もある。
5177.jpg

端末を、自分自身で用意する必要があるので、何が得なのかというのは、契約者自身の判断が求められる。

2017年5月(頃)に購入した、ドコモガラホP-01Jは、電池パックを購入して、延命させようとは思っているが、あと何年使えるか?というのもある。

スマホは、2020年1月に購入したばかりだから、壊さなければ大丈夫。

最近、どちらかの端末を、自宅に忘れて出掛けることが多くなったが、あってもなくても、影響がないと感じるようになった。

余談だが、2011年以降の請求書が、PCにあったというのには、ちょっと驚き。

※この記事にある金額は、全て、消費税込です。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。





モッピー!ポイ活応援ポイントサイト