Top Page › 日記 › 2016年8月に購入した32GBのSDHCカードが寿命を迎えた 2020年10月

2020年10月30日(金)

2016年8月に購入した32GBのSDHCカードが寿命を迎えた 2020年10月

コンデジで使っていた、SDHCカードが、どうやら寿命を迎えたようだ。

フォーマットして、延命を試みたが、時間の問題だろうと。

購入履歴を確認したところ、2016年8月に、1,296円(税込・送料込)で、購入したものだった。
PA240004.jpg

4年2ヶ月も使えたから、充分だろう。

画像だけじゃなく、動画も撮影する。

こんな話を、ある人としていたら、「次は、32GBのSDXCカードにしたら?」と言われた。

何を寝ぼけたことを言ってんだ?

こういうのがある。
SD / SDHC / SDXCカードの仕様と互換性

「32GBのSDXCカード」と「64GBのSDHCカード」があると、その人に言われたが、思い込みって怖いな。

実際に検索すると、商品画像と、商品名が異なるものが少なくない。

ネット通販サイトでは、「32GBのSDXCカード」と「64GBのSDHCカード」を、混同しているところがあるのは事実。

ちゃんと書かないから、ややこしいことになって、誤認する人が居る。

で、話は戻るが、64GBのSDXCカードの購入が、2017年3月。

既に、3年7ヶ月が経過している。

データ転送用として、たまに使っている。

今回、購入したのは、これ。

4年前の価格で、容量が2倍になったということだろう。

64GBも要らないと思うが、SDHCカードより、SDXCカードのほうが、安定すると、前出の人は言う。(ほんまかいな?)

で、届いた。
PA278645.jpg

SDカードの寿命というのは、何か、違和感があった時に、わかるもの。

購入直後は、まぁ、こんなもんかという感じ。

32GBのSDHCカードなら、750円から。



関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。





モッピー!ポイ活応援ポイントサイト