Top Page › 日記 › 一生童貞という選択
2016年02月14日(日)23時51分

一生童貞という選択

恋愛は、過去に一度だけ。

20歳の頃に、少しだけ。

やったことはない。

結局、捨てられた。ゴミのように。

やってもないのに、妊娠したと言われた。事実だった。

でも、やってないんだから、俺の子ではない。

たまに、嫁さんは?と聞かれる。

居ないと答えずに、要らないと答える。

独り者が気楽でいい。

女性と知り合うきっかけはない。きっかけを拒否してるから。

やりたいという欲求もない。

そういう生活が長く続くと、気にもならない。

所帯を持ちたいとも思わない。

今日は、バレンタインデー。

俺には無縁だ。

やりたいと思わないはずがないと人は言う。

しかし、俺は、そう思わない。

何のために生きてるのか?と聞かれたことがある。

「死ぬ勇気がないから」と答えた。

無意味な日々を過ごしている。

何かに夢中になれることもない。

消えてなくなりたいと思うことはある。

くだらない毎日を過ごして、くだらないブログを書いてるだけ。

他人は信用しない。自分自身ですら信用できないのに…。

友達も居ない。正確には、作らない。

疲れるだけだから。

知人以上、友達未満でいいんだよ。

社会不適合者というより、人間不適合者かもしれない。

できれば、もうちょっと気楽に生きたい。

贅沢?かもしれないな。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。