Top Page › 「和歌山」です › まとまった雨が降るたびに砂利が流出する道路 2020年9月

2020年09月14日(月)04時45分

まとまった雨が降るたびに砂利が流出する道路 2020年9月

今に始まった話ではない。

元々、歩道がなく、歩道を設置する工事が行われているが、まだ一部だけ。

2018年4月のストリートビュー

歩道ができれば、砂利の流出が、なくなるのかなと思いきや、そうではないようだ。

昔は、県道13号和歌山橋本線と重複している区間だった。

今は、県道138号和歌山野上線。

不定期動画の撮影区間にある。

阪和道下のボックスカルバート、「和歌山16」の東側。
P9137515.jpg

P9137516.jpg

P9137517.jpg

P9137518.jpg

P9137519.jpg

P9137520.jpg

P9137521.jpg

P9137522.jpg

砂利って、滑るんだよな。

今年度も、年度末にかけて、歩道を延長する工事が行われるようだ。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト