Top Page › 「和歌山」です › 「JAわかやま東部営農センター」と「JAわかやま東部支店」 2020年10月12日オープン(追記あり)

2020年08月22日(土)04時45分

「JAわかやま東部営農センター」と「JAわかやま東部支店」 2020年10月12日オープン(追記あり)

森小手穂の「キクロン」さんの南隣には何が…(追記:JAわかやま東部営農センター 2020年10月12日オープン)の関連。

直近(2020年8月16日)の外観画像。
P8166850.jpg

P8166851.jpg

俺も家族も、JAわかやま(わかやま農業協同組合)との取引はない。

外部提供画像
CCI20200821.jpg

正確には、提供された画像じゃなく、俺がスキャンしたものだが。(ちゃんとお返ししたが)

オープン日がわかったら、教えてほしいと、複数に、お願いしていた。

近隣菜園主は、ほぼ全てが、組合員だから。

画像にもあるが、支店の統廃合も行われる。

住所は、和歌山市森小手穂130-1。
電話番号は、JAわかやま東部支店が、073-471-1331。
JAわかやま東部営農センターが、073-488-3190.

岡崎支店の電話番号が、東部支店に引き継がれるようだ。

小さい文字で、重要なことが、いろいろ記載されている。

統合前の、「岡崎支店」、「西山東支店」、「東山東支店」、「安原支店」と、取引がある人で、振込先口座として、使っている人は、統廃合前に、やっておかなくてはならないことがある。

2020年10月12日以降の振込先の支店名が、「東部支店」になる。

振込人に、振込先口座が変わることを、事前に伝えておく必要がある。

実際に、変わるのは、支店名だけ。

口座番号は、変わらないと記載されている。

給与受取口座として使っている人や、年金受取口座として使っている人は、手続き不要。

また、各種料金の引き落とし口座として、自動支払サービスを利用している場合も、手続きは不要。

ややこしいかも。

もうひとつ、ややこしいのが、支店コード。

東部支店は、安原支店の支店コードを引き継ぐ形になる。

画像では、金融機関コードとなっているが、本来の金融機関コードは、JAわかやまは、「7532」。

その先に、支店コードがある。

支店コードを引き継げない、「岡崎支店」、「西山東支店」、「東山東支店」で、開設された口座の通帳を、2020年10月12日以降に、支店窓口で、書換えの必要があるというのが、この理由。

キャッシュカードは、そのまま使えると記載されている。

この画像を見て、注意喚起が掲載されていないなと思ったのだが、キャッシュカードが狙われる特殊詐欺。

支店の統廃合で、キャッシュカードが使えなくなるから、どうたらこうたらと、詐欺師は、言うかもしれない。

もしかしたら、通帳が使えなくなるから、どうたらこうたらと、詐欺師は、言うかもしれない。

高齢者の多い、郊外(田舎)で、統廃合のエリアが広い。

騙されませんように。

それにしても、支店の統廃合って、不便になる人が、多いだろうな。
----
(追記 2020年9月20日)
P9207696.jpg

P9207697.jpg

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト