Top Page › 日記 › レジ袋有料化の前に実際に配布されていたレジ袋が販売されていたので… 2020年8月(追記あり)

2020年08月04日(火)04時45分

レジ袋有料化の前に実際に配布されていたレジ袋が販売されていたので… 2020年8月(追記あり)

購入した。

これ。
P8036706.jpg

CCI20200803.jpg

100枚入で、税込327円。

ということは、1枚あたり、3.27円。

安いのか、高いのかは、わからない。

ただ、2020年7月のレジ袋有料化で、1枚5円で販売されているレジ袋は、環境に配慮された素材らしいが、薄いので、使い回せるかどうかは、わからない。

実際に購入したことはないので、判断できない。

普段の買い物では、有料化以前に、もらったレジ袋を収集し、使い回している。

ただ、ずっと使えるものではないし、いずれは、底をつく。

今回、購入した袋は、「レジ袋有料化の前に、買い物客に、無料配布していたレジ袋の、いちばん大きなサイズ。」とのこと。

店舗スタッフが、そう言っていた。

エコバッグを使うほうが、環境には良いのかもしれないが、ある意味、こっちのほうが、耐久性があると思う。

週に3回、買い物に行くとして、1枚を、1ヶ月間、使い回すなら、100ヶ月使える。(8年ちょっと?)

レジ袋有料化が始まってから、1ヶ月間、実際に使い回したレジ袋は、まだ捨てずに使えている。

レジ袋は、買い物だけに使うものではない。

菜園でも使うことがある。

丈夫なレジ袋が、購入できて、良かったと思っている。
----
(追記 2020年8月5日)
2020年7月から、使い回していた袋のうち、2枚を交換した。

1枚は、袋に穴が。
P8056719.jpg

もう1枚は、持ち手の下が、裂けていた。
P8056720.jpg

この2枚は、俺の自室のゴミ袋となり、数日後に、ゴミとして、旅立ってもらう。

新たな2枚は、収集していた袋を利用。

当初の記事で、購入した袋は、しばらく、押し入れに入ってもらうことにした。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト