Top Page › 「和歌山」です › 工事用信号機と交通誘導警備員の合図が異なる時… 2020年7月28日

2020年07月30日(木)04時50分

工事用信号機と交通誘導警備員の合図が異なる時… 2020年7月28日

一瞬、考えてしまう。

実際、そういう状況に遭遇した。

工事用信号機は、赤信号なのに、誘導員は、白旗を振っている。
20200728r13-1.png

白旗を振っている時は、「行け!(進め!)」の合図。

片側交互通行規制の反対側は、工事用信号機を、横向きにしていた。
20200728r13-2.png

素人かよ?

工事用信号機に合わせて、誘導するなら、問題ない。

でも、工事用信号機と異なる合図をするのなら、信号機は横向きにしておかなければ、ややこしいだけ。

工事用信号機や、交通誘導警備員の合図には、法的効力はない。

でも、見通しの悪い区間なら、頼らざるを得ない。

余談だが、交通信号機と、警察官の合図が異なる場合、警察官の合図に従わなければならない。

頼りないな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。