Top Page › 日記 › 発熱で息苦しくて味覚が…って患者と遭遇 2020年7月27日

2020年07月28日(火)04時45分

発熱で息苦しくて味覚が…って患者と遭遇 2020年7月27日

定期通院の個人クリニックで。

クリニックの待合室は、狭い。

今回に限らず、毎回のことだが、8時半に診察券を入れて、車中待機。

9時に待合室に戻ると、数分で、診察室に呼ばれる。

ところが、今回は違った。

診察を受けずに、薬(処方箋)だけを貰いに来る患者さんの対応を、診察前にやるそうで、その作業に手間取っていた。

診察券の順番で処理されるようではないようだ。

徐々に増えてくる、待合室の患者。

中には、マスクを着用していない人も。

そんな時、若い女性がやってきた。

隙間だらけのマスクで、鼻を露出していた。

受付のところにある手指消毒もせず。

受付の話し声は、丸聞こえ。

初診で、数日間の高熱、味覚障害、息苦しさ…だって。

大阪市内の大学に通学し、直近2周間以内に、大阪市内の飲食店でアルバイトしていたって。

なんで、そういうのが、和歌山市内に居るんだよ?

体温測定をしてすぐに、別室に案内された。

待合室に居た、別の患者が、「感染者ちゃうんかえ?」と。

限りなくグレーだろうな。

一番乗りの俺が、診察室に呼ばれたのは、9時40分だった。

医師に、「手指消毒しなかったね、奥の患者さん。」と言ったら、医師が、看護師に、「消毒!」と。

ドアレバーのアルコール消毒を指示したって。

造りが古いから、患者が触れる箇所がある。

クリニックの入口と、受付には、手指消毒と、マスク着用をお願いする張り紙がある。

それでも、手指消毒しない人、マスク着用せず、咳き込む人が少なくないって。

医師曰く、あくまで、協力のお願いだから、強制できないが、困った人が居るって。

PCR検査のできないクリニックだから、電話して、症状を伝えてきた患者さんなら、PCR検査のできる病院を案内するが、いきなり来られる人があると。

検査のできる病院に紹介状を書いても、検査に行かない人も居たって。

「何時何時、紹介された患者さんが、まだ来ない。」という連絡があったこともって。

体温と症状だけで判断できないが、今回は、防護服を着なければ…と。

世間の4連休のうち、土曜日の午前中は、診察していたが、患者さんは極端に少なかったと。

最近、感染者が増加し始めた頃から、定期通院の患者さんは、診察を受けずに、処方箋だけを貰いに来るのが増えているとも。

なんたらウイルスを撒き散らしそうな患者と遭遇するなら、処方箋だけもらうほうが、安全かもしれない。

俺の体重が、80kgになるまで、服用している薬は、減らせないと言われている。

受付の人は、透明のビニールシートで遮られているが、待合室は、ひとつの空間。

しかも、最前列の長椅子は、受付の真ん前。

次回以降の通院は、ちょっと考えなければいけないかも。

次々回は、特定健診を受けることになっている。

ちなみに、なんたらウイルスのような症状で、個人クリニックを受診しても、薬の処方すらされず、検査のできる病院に振られるだけなら、最初から、検査のできる病院に行くほうが、手っ取り早い。

せめて、電話で相談すりゃ、クリニックも混乱せずに済んだのに…。

ひとつ間違えたら、同じ時間帯に、クリニックの待合室に居た患者は、全員、濃厚接触者かもな。

仮に、そうなってしまったら、別記事になるだろう。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。