Top Page › 備忘録 › 約半年前に撤去した後方ドラレコを再設置した 2020年7月(追記あり)

2020年07月08日(水)04時45分

約半年前に撤去した後方ドラレコを再設置した 2020年7月(追記あり)

Transcend社製のドラレコ(DrivePro 220)を、俺の軽自動車に、再設置した。

保証の確認-トランセンド|メモリ製品のスペシャリストで、確認したところ、こんな表示が。
FireShot Capture 414

おそらく、2016年9月に、14,000円(送料・消費税込)で購入したモノだろう。

2020年1月15日の記事で、「俺の軽自動車から、Transcend社製のドラレコは、なくなった。」と書いた。

DrivePro 220は、2個、購入している。

ひとつは、両親兼用の普通車に設置していた。

で、1月の記事の時に、俺は失念していた。

その記事に書いたドラレコ本体は、廃棄処分した。

いつだったか、大掃除をした際に、もうひとつのドラレコが、出てきた。

動作確認をして、使う機会があればと、保管していた。

今更?とは思わなくもない。

ただ、後方ドラレコとして使えるかな?と。

Transcend社製のドラレコは、西日本LED信号機には、対応していない。

正確には、晴れの日の昼間には使えない。

どんよりとした曇り空や、雨の日、そして夜間なら、まだ使える。

再設置後に、同じ区間の前方ドラレコと、後方ドラレコの動画をアップした。

それがこれ。

前方ドラレコ(GC-DK1S)

後方ドラレコ(DrivePro 220)

後方車両内の映り込みがないので、モザイク処理していない。

ナンバープレートは、辛うじて読み取れる。

どちらも、GPS機能があるから、時刻合わせは不要。

でも、Transcend社製のドラレコは、GPSデータがおかしい。

それぞれのドラレコからデータを落とし込んだのがこれ。

前方ドラレコ(GC-DK1S)
img20200704180426561.png

後方ドラレコ(DrivePro 220)
img20200704172605644.png

後方ドラレコ(DrivePro 220)のGPSデータの始まりが消えているのは、コールドスタートだったから。

でも、高架下で、データがおかしくなっている。

また、動画でもわかるが、標高がマイナス表示されている部分がある。

あおり運転なんたらという、ご時世なので、ないより、あるほうが良いかも。

過去記事にあるが、個人的には、前後一体型というのは、好まない。

Transcend社製のドラレコ(DrivePro 220の後継モデルDrivePro 230)の動画

これじゃあ、前方ドラレコとしては、意味がない。

購入時期と、性能を考えると、短命になるかもしれないが、使えるモノは使わないとな。

これからドラレコを購入される方に、オススメできるのは、これ。

あるいは、これ。

----
(追記 2020年7月14日)
やはり、ダメだな。

2020年7月13日と14日の走行ログ

前方ドラレコ(98.9km)
20200714mae.png

後方ドラレコ(38.6km)
20200714ushiro.png

並べてみた
20200714ryou.png

走行中に、後方ドラレコが起動していないことが、頻繁にあった。

こんなに、差があるなんてな。

想定内だが、これじゃあ、話にならない。

数日中に、結論を出すことになるだろう。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト