Top Page › 気になること・思うこと › 無料アプリだから? 「雨雲接近通知」が誤報だらけ 2020年6月

2020年06月19日(金)04時50分

無料アプリだから? 「雨雲接近通知」が誤報だらけ 2020年6月

今に始まった話ではないが、晴れてるのに、こういう通知が、頻繁に届く。
Screenshot_20200616-141337.png

Screenshot_20200616-141343.png

Screenshot_20200617-142333.png

Screenshot_20200617-142341.png

Screenshot_20200617-184655.png

Screenshot_20200617-184703.png

Screenshot_20200617-212306.png

Screenshot_20200617-212312.png

稀に、当たることもあるが、外れるほうが多い。

地域の特性を、加味してくれなきゃ、こういう誤報は、ずっと続く。

住金…じゃなくて、なんだっけ?

実際に、雨雲がないのに、製鉄所の沖合で、何かに反射して、雨雲レーダーに反映されることがある。

昔から。

雨雲レーダー自体が、正確じゃないのに、その情報を、そのまま反映されている。

気象庁の雨雲レーダーは、加味して表示されるが、スマホアプリが少ない。

まぁ、こっちは、タダだからなぁ。

精度を上げてくれるような企業でもないだろうし。

複数の天気予報アプリを表示しているが、予報自体が、もっと酷いところもある。
Screenshot_20200616-234236.png

Screenshot_20200617-131516.png

で、2020年6月18日の雨。
Screenshot_20200618-093650.png

Screenshot_20200618-093701.png

深夜に通知が届いていたが、実際に、0.5mm以上の降水を観測したのは、9時から10時の間
1mm以上の降水を観測したのは、9時20分以降。

大きな雨雲が接近している時なら、信用できるが、通り雨がわかるような気象アプリは、ないの?

って、ずっと思ってる。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト