Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 当たり前のことができない家族のために… 2020年6月

2020年06月19日(金)

当たり前のことができない家族のために… 2020年6月

全額ポイント支払いで、これを買っちゃいました。
P6165432.jpg

運転免許証の返納はしていない両親。

でも、両親とも、自身が運転する四輪車は、所有していない。

助手席に乗る人が、運転免許証を持っていても、シートベルト非着用で、切符を切られるのは、運転者。

最近、シートベルト着用を、頻繁に忘れてくれる。

そういう人は、後部座席に座ってほしいものだが、どうやら、後部座席のほうが、疲れないという、もう一方の親が居る。

火曜日の午前と、金曜日の午後の通院送迎は、両親同じ通院先。

運転席側の後部座席は、狭いから、嫌がる。

俺自身が、シートベルト着用を忘れることはないが、助手席に乗った家族のシートベルト着用確認を忘れる。

このステッカー、楽天市場では、たった1店舗しか、扱いがない。

似て非なるステッカーを扱う店舗はあるが、貼るスペースを考えると、これしかない。

以前、お世話になった店舗に受注発注も考えたが、反射素材だから、止めた。

多少の無理は、聞いてもらえそうな気もするが。

既製品のほうが、安価だろうし。

これ。

メール便対応してくれるのだが、ゆうパケットなのに、送料300円。

いっそのこと、普通郵便でも良かったのだが。

ゆうパケットで、東京発、和歌山着って、3日も要するんだ。

思うことは、多々あるが、楽天市場で独占販売だから、選択肢がない。

このステッカーを貼ってから、文字を読んでから、シートベルトを着用してくれるようになった。

シートベルトの着用を忘れる親は、少なくとも、4年程度、運転から遠ざかっている。

運転せずに、運転免許証の更新だけをするから、ゴールド免許。

俺は、今年の更新で、やっと、ゴールド免許になった。

516円で、保険を掛けたようなもの。

正直、痛い出費だが。

いつの記事だっけ、俺の手に乗るはずの、特別定額給付金の一部も、まだ渡されていない。

最初から、なかったことと思うようにしているが。

「序章」じゃないわな、最近の行動って?

カテゴリ名を変更するのは、時間の問題かもしれない。


関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。





モッピー!ポイ活応援ポイントサイト