和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 俺の「特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」 5万円って…

2020年05月24日(日)04時45分

俺の「特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」 5万円って…

数日前に、親に言われた。

半分は、生活費に回すって。

生活費に回す分の中から、軽自動車税(10,800円)を出してやると。
CCI20200523_0001.jpg

CCI20200523.jpg

CCI20200523_0002.jpg

CCI20200523_0003.jpg

CCI20200523_0004.jpg

それ、おかしい。

2019年7月、両親の片方が、両親兼用の普通車を、一瞬にして、粗大ごみ(スクラップ)にしてくれた。

俺の軽自動車は、両親の送迎用車両になった。

もう、忘れたのか?

話にならない。

そういえば、あの時もそうだった。

2009年だったっけ、12,000円の給付に対して、俺が受け取ったのは、5,000円。

当時は、どこのブラック企業で働いていたっけ?

今は、無職で、ほぼ無収入。

こんな底辺でも、特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)を戴けるというのは、ありがたい話だが、世帯主が申請して、世帯主の銀行口座に、一括入金される。

どういう振り分けをするのかは、俺の一存ではなく、両親が決める。

おかしな話だが、全額、ピンハネされるよりは、マシ。

和歌山市では、現時点では、申請書類は届いていない。(アベノマスクも届いていない)

実際、俺の手に、5万円が乗るのは、いつなんだろう。

5万円、もらえたら、全額、銀行口座行きだろう。

買いたいモノがあるわけでもない。

なんたらウイルスの影響なんて、俺にはなかった。

これは、後日、別記事になる予定だが、何も変わっていない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事