和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 2020年の町内側溝清掃(川浚え)は中止のはずだが…(追記あり)

2020年05月02日(土)04時50分

2020年の町内側溝清掃(川浚え)は中止のはずだが…(追記あり)

和歌山市のホームページには、「令和2年度 町内側溝溝清掃の中止について」という記載がある。
町内側溝清掃について|和歌山市魚拓

ところが、居住地の単位自治会長曰く、「予定通りやる」と言っている。

先日、たまたま会った時、「この地区は、若いもんが少ないから、当日、来てもらわないと困る。」と言われた。

49歳の俺が、若者だって。

笑えないけど、笑うしかない。

毎年、必ず、ぎっくり腰になる日。

毎年4月(年度替わり直後)に開催されている、地区総会は、なんたらウイルスの影響で、中止になった。

配布資料は、広報誌(市報わかやまとか県民の友)と一緒に、届けられた。

居住地の町内側溝清掃は、農業委員会所属の世帯は、農業用水路の清掃。

農業委員会に入っていない世帯(非農家)は、地区内の側溝清掃。

我が家は、非農家。

市が中止だと言ってるのに、それを無視してやるという話は、既に、地区内に広まっている。

地区の私物化を避けるために、単位自治会長は、一定期間の任期だが、今回の件だけではなく、自分の都合の良いような陳情も行ったと聞いた。

昔は、親が参加していたが、体力の衰えで、数年前から、俺が参加している。

世帯から、1人が参加すれば良い。

でも、不参加なら、不参加料を徴収される仕組み。

おかしな話だが、それも慣例。

実施予定日まで、あと8日。

どうなることやら。

って、記事を先延ばしにしていたら、中止が決まったって。

決めるのが遅いんだよ。

隣接地区は、早い時期から、中止って、広報していたのに。
----
(追記 2020年5月6日)
中止だから、「中止です」という広報は、やらないんだって。

でも、農業委員会に加入している農家さんは、実施するとのこと。

中止になったのは、非農家(我が家も含む)だけとのこと。

だから、未だに、訳わからん住民が少なくない。

しかも、口コミで、「側溝清掃が、必要な箇所は、当日までに、土砂を道路脇に上げておけば、回収してくれるらしい。」という話が、出回っている。

「当日まで」という言葉だから、5月5日・6日に、個々に実施したようで、地区内のあちこちに、土砂の山ができている。

例年なら、側溝清掃と回収が、流れ作業でを行われるのだが、今回は、これも、訳わからんことになっている。

自治会役員曰く、「まさか、こんなことになるとは…」と、言っていた(伝聞)ようだが、的確な情報を出さないから、こういうことになる。

何のための、地区掲示板なのか?

伝えることをしないから、伝わらない。

しかも、誤った情報が広まる。

軽自動車が、辛うじて通れる道路(市道)の道路脇に、土砂を積み上げたら、回収されるまで、終日通行止めになる。

今年度の地区総会が、なんたらウイルスの影響で中止になったけど、来年度の地区総会は、荒れるだろうな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事