和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 菜園日記 › 家庭菜園の楽しみって…? 2020年4月(追記あり)

2020年04月26日(日)04時50分

家庭菜園の楽しみって…? 2020年4月(追記あり)

我が家の菜園の近くに、仕事の関係で、週末にしか来られない菜園主が居る。

何かあれば、連絡できるよう、LINEで繋がっている。

その菜園主が、最近、全然来ないので、「タマネギの収穫時期ですよ」と、画像付きで送ったのが、4月18日。

19日の正午過ぎ、LINE着信があり、「代わりに収穫してもらえませんか? 夕方には取りに行けると思うので…。」と。

何言ってんだ?と思ったが、まぁいいかと。
P4193329.jpg

P4193330.jpg

P4193331.jpg

この菜園主、自分の意志で菜園をやっていない。

数年前までは、ご両親が、菜園をやっていた。

ところが、立て続けに入院し、80歳過ぎというのもあり、野良仕事ができなくなった。

放置するという選択肢もあったはずだが、ご夫婦の娘さんが、引き継いだと聞いた。

野菜を作ったこともなく、何をどうしたらいいのかも全くわからないと言っていた。

野菜の作り方は、ネット検索すれば、いくらでも出てくる。

でも、情報があり過ぎて、どれが正しいのかわからないって。

俺に言わせりゃ、どれが正しいというより、全部正しい。

栽培方法なんて、試行錯誤するものであって、最初から完璧に作ることなんて、至難の業。

失敗することが少なくない野菜もあれば、水さえやっていれば、失敗することなく育つ野菜もある。

当然、露地ものだと、天候に左右されることもある。

それを、最初から完璧に作りたいというのは、ちょっとなぁと。

引き取りに来た時、そういう話もしたのだが、ご理解いただけたかどうかは…。

そして、4月24日。

またもや、LINE着信が。

「タマネギ、収穫できます(か)?」と。

「できますよ」と言ったら、「前回同様、お願いします。」だって。

またか。
P4253445.jpg

P4253446.jpg

P4253447.jpg

我が家の菜園のタマネギよりも、立派にできているというのが、微妙にムカつく。

でも、家庭菜園の楽しみって、収穫することじゃないのかな?って思うけど。

価値観が、違うんだろうな。
----
(追記 2020年5月2日)
まただ。
P5023880.jpg

P5023881.jpg

P5023883.jpg

この菜園主のタマネギは、今回で全収穫が終わった。

我が家の菜園のタマネギは…、2020年5月3日の記事になる。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事