和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「和歌山」のニュースより › 騙される人って居るのかな? コロナ給付金の詐欺予兆メールに 2020年4月

2020年04月21日(火)04時50分

騙される人って居るのかな? コロナ給付金の詐欺予兆メールに 2020年4月

一国民(県民・市民)が使ってるメールアドレスを、国や自治体に登録していますか?

って話だよな。

2020年4月20日に届いた、「きしゅう君の防犯メール」。
201354.png

報道もあった。
【新型コロナ】「10万円給付」かたる詐欺メールに注意 | WBS和歌山放送ニュース

こういうページがある。
総務省|特別定額給付金

--部分引用--
給付金の申請及び給付の方法
 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。
 (※)なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。

(1)郵送申請方式
市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)
マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)
--ここまで--

市町村から届く、申請書に必要事項を記入するか、マイナンバーカードを使って、自己申告するかの、2通り。

給付金どうたらこうたらというメールは、全て、詐欺予兆。

騙されませんように…。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事