Top Page › 備忘録 › 「タウンプラス」という郵便物をを受取拒否(受取拒絶)する方法(追記あり)

2020年04月19日(日)04時50分

「タウンプラス」という郵便物をを受取拒否(受取拒絶)する方法(追記あり)

過去記事にもあるが、宛先や宛名を記載せずに、届けられる、日本郵便の「タウンプラス」。

我が家には、まだ届いていないが、「アベノマスク」と揶揄されているマスクは、タウンプラスで配達されるようだ。

Googleで、「アベノマスク」と画像検索すれば、タウンプラスで届くことがわかる。

使わないから、捨てるというのは、ちょっとなぁと。

受け取りたくなければ、受取拒否(受取拒絶)すればいい。

こういうページがある。
架空請求、いたずら等、迷惑な郵便物を届けてほしくないのですが、どうすればよいのでしょうか? - 日本郵便

宛先や宛名が記載されている郵便物は、「受取拒絶」の文字に加えて、受け取りを拒絶した方の印を押印又は署名を記載する必要がある。

しかし、タウンプラスの場合は、「受取拒絶」の文字だけで済む。

これは、過去に、タウンプラスを使った、ゴミ郵便が届いた時に、集配郵便局に問い合わせた際に、教えてもらった話。

「受取拒絶」と書いたメモを、剥がれないように貼付して、郵便ポストに投函すればいい。

面倒なら、捨てるという手もあるが、この方法なら、差出人に戻る。

当然、開封してはいけない。

欲しい人に無償譲渡するのもアリだろう。

「タウンプラス」を受取拒否(受取拒絶)する方法があるって話。
----
(追記 2020年9月17日)
こういうのが届いた。
CCI20200917.jpg

「和歌山県にお住まいの50代・60台の皆さまへ」と記載されている。

これって、誤配じゃないのか?

我が家には、40代と70代しか居ない。

郵便配達員は、家族構成というか、どこに誰が住んでいるかというのは、知っているだろうけど、年代までは知らないはず。

タウンプラスだから、全戸配達なんだろうけど、今回は、誤配で返送する。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト