Top Page › 気になること・思うこと › 読めるけど書けない? 使わないから忘れるわな

2020年03月31日(火)04時45分

読めるけど書けない? 使わないから忘れるわな

「苗」という漢字がわからなかったらしい。

とある実店舗に、夏野菜の接木苗を予約発注した時にな。
CCI20200330.jpg

草冠の下が、わからなかったようだ。

平仮名でも通じるから、構わないけど、最近、文字を書くことが少なくなった。

ブログ記事は、パソコンで入力するし、漢字がわからなくても、変換してくれる。

書けなくても、読めるから、入力ミスしない限り、問題はない。

最近、住所氏名と数字以外の文字を、筆記用具で書いたのは、いつだっけ?

「市民税・県民税の申告」時も、住所氏名と連絡先電話番号(ケータイ番号)だけだった。

「特定健康診査」時も、「運転免許証更新」時も、似たようなもの。

発送伝票だって、事前登録しておけば、手書きする必要はない。

使わなけりゃ、忘れるわな。

「読めない書けない」よりはマシかもしれないが、「読めるけど書く機会がないから書けない」というのも、如何なものかと。

それにしても、こんな時代が来るなんてな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。