Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 入会特典よりも維持費のほうが高かったクレカを解約させた 2020年2月

2020年02月13日(木)04時45分

入会特典よりも維持費のほうが高かったクレカを解約させた 2020年2月

どうして、このカテゴリ?と思われるかもしれないが、家族の話。

「使った記憶がないのに引き落とされた」という、ありえない話から始まった。

自己破産して、免責もらって、8年以上が過ぎているが、無職だから、クレジットカードは作れない俺。

こういう記事を書いても、説得力に欠けるだろうけど、笑えない話な。

名誉毀損だの、業務妨害だのって言われそうな内容なので、文字にはしない。

ただ、利用実績のないカード会員に、年会費だけを請求し続けるクレジットカード会社がある。

しかも、契約上、理解に苦しむ点もある。

「使った記憶がないのに引き落とされた」のが、事実であれば、事件性もあるだろう。

家族って、両親。

記事では、「家族A」、「家族B」とする。

「使った記憶がない」と言い出したのは、家族A。

銀行口座の通帳には、クレジットカード会社の社名と金額が印字されていた。

手がかりを見つけるために、所持しているクレジットカード全てを確認した。

でも、記帳されたクレジットカード会社が発行したカードはなかった。

引き落とし履歴を見ると、過去4年間、年に一度だけ、税抜1,250円相当額が記帳されていた。

調べる方法で、ふと思いついたのが、クレジットカード会社が発行している提携カードで、地元に店舗があるもの。

これ

家族A曰く、「このカードは、家族B名義だから、この(家族A)の銀行口座から引き落とされるはずはない。」と。

不思議な話だが、請求書すらない。

カードを作って、5年目に、初めて使ったという話。
P2091237.jpg

P2091238.jpg

各種(各社)、ありとあらゆる請求書を、何年も、大事に保管している家族だから、このクレジットカード会社の請求書だけがないというのも理解に苦しむ。

そのカードを持っている家族Bに、カードを借りて、「会員専用ネットサービス」に、新規登録してみた。

請求書(PDF)を見て、納得した。

カード会員名義は、家族Bだが、口座名義人は、家族A。

家族Aの知らぬ間に、家族Bが、カードを使ったら、家族Aの口座から引き落とされた。

俺の知識では、カード会員名義と口座名義人は、同一人物と思ってたが、そうではない場合もあるようだ。

「新規ご入会特典 請求時に1,000円分割引!」だが、「新規ご入会特典(ご請求時1,000円分割引)は、カード発行後3ヶ月以内に対象店舗店内でご利用になったカードショッピングが対象」だから、恩恵を受けることなく、年会費を支払い続けたという、お粗末な話。

これを、噛み砕いて説明したところ、「要らないから解約したい」って。

解約方法は、電話連絡だけ。

「カードをお手元にご用意の上、カード名義人様ご本人様よりお問い合わせください。」だけど、オペレーターに繋がらないのなら、誰が手続きしようが、相手にはわからない。

16桁のカード番号を、プッシュ入力するって、意外と面倒。

2分で解約手続き完了。
Screenshot_2020-02-00-00-00.png

年会費永久無料のクレジットカードならともかく、何のメリットもないカードを持ち続けるって、俺には理解不能。

カードを作った時のことは、記憶にないって言われてもなぁ。

それにしても、所持してるクレジットカードの枚数の多いこと。

万一のことがあった時、解約するのが大変だな。

家族の財布の中に、どんなクレジットカードが入ってるのかなんて知らないもんな。

笑えない話だが、笑うしかないわな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト