和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 愛せない軽自動車の調子が… 2020年2月
2020年02月10日(月)04時50分

愛せない軽自動車の調子が… 2020年2月

一般的には、「愛車」というべきかもしれないが、とっくに、愛はない。

単なる移動手段的な、俺の軽自動車。

新車購入してもらってから、3年目。

納車後の最初の車検が、今年の8月。

トラブルというか、不具合が多い。

例えば、給油時。

セルフ給油すると、自動的に給油が止まってから、5リットルくらい入る。

燃費推移を記事にしているから、満タンになってもらわないと困る。

2020年2月8日の給油時、あろうことか、時間切れになってしまった。
CCI20200208_0005.jpg

笑えないけど、笑うしかない。

先に、洗車機を通した。

洗車とワックス掛けをやってたのは、最初の1年ちょっと。

2018年9月の台風の飛来物で、めちゃくちゃになった頃に、愛はなくなった。

修理工場で、再現しない不具合に見舞われ始めたのも、その頃。

後部座席のスライドドア(自動)が、閉まりきらずに、途中で止まってしまったり、後部座席のパワーウィンドウが、閉まらなくなったり。

最近、怖いなと感じるのは、アイドリングストップしない状況で、信号待ちや踏切での停止時に、停止直前に、エンジンの回転数が一時的に上がるという現象。

アクセルから足を離して、ブレーキを踏んでいるのに、回転数が上がると、ブレーキを踏み込む必要がある。

それだけではない。

坂道で、アイドリングストップした後に、アクセルを踏んでも、後退してしまうことがある。

車に焦らされるというのは、非常に怖い。

燃料タンク容量が、カタログ上、27リットルなのに、一度の給油で満タンにできないなんて、話にならない。

だから、給油だけで、2枚のレシートがある。

足したら、26.2リットル。

ということは、1リットルすら残っていなかったということになる。

なのに、給油直前の航続可能距離は、76kmと表示されていた。
P2081163.jpg

平均燃費が、21.1km/㍑だが、計算が合わない。
P2081166.jpg

ピッタリ合うということはないが、差異が大きい。

給油後の航続可能距離は、466kmだって。
P2081167.jpg

実燃費は、19.20km/㍑だった。

乗り潰すことを前提に購入してもらった車だが、大丈夫か?と思うようなことばかり。

納車後の6ヶ月点検や、12ヶ月点検は、毎回受けているし、3,000km毎のオイル交換と、9,000km毎のオイルエレメント交換も欠かさずやっている。

今、我が家には、この軽自動車しかない。

しかも、この軽自動車を運転できるのは、俺だけ。

病人も怪我人も、高齢者講習を受けて、運転免許証は持っているが、病人のほうは、半年以上、車の運転はしていないし、怪我人のほうは、少なくとも、2年以上、運転していない。

運転しないのに、運転免許証を持っているのは、身分証明書として…だって。

高齢者講習を受けるのも、運転免許証を更新するのも、それなりの費用が必要なのに。

それはともかく、俺の軽自動車は、大丈夫なんだろうか。

飼い主に似るように、持ち主に似るのかね。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。







今、あなたにオススメの記事