Top Page › 日記 › みかんの注文がきた 2020年2月5日

2020年02月07日(金)04時45分

みかんの注文がきた 2020年2月5日

知人から電話で。

関東に送ってほしいって話で、出し人と受け人の個人情報をメールで送ってもらった。

みかん2箱って話だったのが、金額に驚いたようで、1箱になった。

10kgで、3,500円。(税込)

送料が、生産者に依頼なら1,400円だが、営業所持ち込みで、スマホアプリの発送予約を使うと1,290円になるはずだった。

クロネコメンバー割BIG適用なら、1,062円で送れるはずだったが、これは使っていない。

料金・割引を調べる | ヤマト運輸」が、随分、わかりやすくなっていた。

過去記事にもあるが、果物を送る(贈る)場合、安けりゃ良いってものではない。

生産者を知っている。そして、安心できる運送会社でないと怖い。

生産者に、丸投げするのが手っ取り早いのだが、今回は、出し人が、訳あり。

依頼主が、受け人。

受け人から依頼を受けた出し人が、俺に依頼してきた。

つまり、送り状には、俺の個人情報は出ない。

みかんの代金と、送料は、俺が立て替えて、出し人に請求。

電話で依頼を受けた際、生産者に価格を聞いて、総額を伝えた。

2020年2月6日、ヤマト運輸の営業所に持ち込んで発送したが、想定外のことが起きた。

700gオーバーで、100サイズで出せないって。
P2061116.jpg

P2061115.jpg

「みかん1個、取り出せば、700g減らせると思いますよ。」って言われたけど、箱を開けたくないわな。

それに、みかん1個で、700g減らせるとは思えないが。

「10kgのみかん」と「段ボール込で10kgのみかん」、二種類ありますよ。」なんて、ヤマト運輸の人に言われたが、知らんがな。

結局、120サイズとなり、営業所持ち込みで、スマホアプリの発送予約を使って、1,510円。
CCI20200206_0001.jpg

傾いているのは、ヤマト運輸さんのプリンターが…。

発送完了後に、個々の領収証をスキャンして、メールで送った。

振り込んでくれれば手っ取り早いのだが、金曜日の午後に、集金に来てほしいって。

「金曜日って、明日だよね?」って聞いたら、「14日の金曜日」だってさ。

なんじゃそりゃ~って話。

踏み倒すことはない人だけど、ちょっとなぁって。

受け人が、どういう人かは聞いていないが、Facebookを使ってるなら、リンク張ってるスポンサー様に問い合わせてくれるとありがたいのだが。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト