和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › マスクの争奪戦に参加することになるとは… 2020年1月31日(追記あり)
2020年02月01日(土)04時45分

マスクの争奪戦に参加することになるとは… 2020年1月31日(追記あり)

2020年1月30日、受験生の子が居る親戚から電話があった。

「和歌山市内のどこを探しても、マスクがない。何とかならないか?」と。

このタイミングで?

マスクが品切れだの、品薄だのって言ってる時期に、マスクを探し回っている親。

バカじゃないの?って言ってやった。

報道されているウイルスより、インフルエンザが流行っていて、マスクがなくなってしまったと。

マスクって、防災用品だよ。

なくなる前に購入しておくものじゃないの。

俺は、常に、1箱(60枚)を持っている。

腐るものじゃないし、邪魔にもならない。
P1310886.jpg

2020年1月31日は、怪我人の通院日だったから、粉河駅が、スタート地点。

先日の飲料水よりも、入手は難しいかもと思ってた。

飲料水は、2軒目でゲットしたが…。

あの時は、和歌山市内の一部地域だけのこと。

今回は、日本全国というより、世界規模だからな。

「小さいサイズを3箱」という依頼。

6軒目にあった。

どこでゲットしたかは、書かない。

殺到するかもしれないし、売り切れているかもしれない。

移動ログは、これ。
img20200131210929370.png

P1310677.jpg

購入したのは、11時40分。

朝9時の開店からの分って言ってたから、余裕がありそうな雰囲気だった。

「ふつうサイズ」より、「小さいサイズ」のほうが、品薄かなって感じ。

マスクして、手洗い、うがいをしていれば、どうってこともないような気もするが。

まさか、マスクの争奪戦に参加することになるとは、トホホな話。

争奪じゃなくて、マスク探しの旅か。
----
(追記 2020年2月14日)
まさか、2回目があったとは。

当初と同じ受験生の子が居る親戚から。

俺に言わせりゃ、バカなんだよ。

「小さいサイズを3箱」という依頼があった時、「ふつうサイズは足りてるの?」と聞いたら、余裕があるから大丈夫と言っていた。

今回、「ふつうサイズがなくなりかけている」との話。

見通しゼロかよ。

絶対無理だよと言っておいたが、俺には、送迎の待ち時間というものがある。

ダメ元で、行ってみた。

さすがに、どこにもなかった。

こういう掲示がある店舗はありがたいのだが。
P1000007.jpg

P_20200214_111638.jpg

P_20200214_113054.jpg

前回、ゲットした店舗にもなかった。

移動ログは、これ。
img2020021414535721.png

「えっ、なかったの?」って言われてもなぁ。

見通しが甘いんだよ。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。







今、あなたにオススメの記事