Top Page › 「和歌山」です › 移動には和歌山バスが便利だけど「ICカード乗車券」が使えるようになるのは2020年4月1日から…

2020年01月28日(火)04時45分

移動には和歌山バスが便利だけど「ICカード乗車券」が使えるようになるのは2020年4月1日から…

なんで、このタイミングなんだ?

「らしさを感じる」といえば、そこまでだが、このデジタルスタンプラリーを、今やる必要あるのかな?

敢えて、文字にはしないけど、不便さをPRするようなもんだろう。

実際に、バスで移動する場合、いくらになるか?(大人料金)

南海和歌山市駅から市役所前が、220円。
市役所前から不老橋が、380円。
もったいないのと、乗り継ぎが容易ではないから、不老橋から、約500m歩いて、和歌浦へ。
和歌浦から紀三井寺が、190円。
紀三井寺からマリーナシティが、270円。

あれっ、ここまでで、1,000円超えちゃった。

マリーナシティから南海和歌山市駅が、520円。

和歌山バスには、乗り継ぎ割引というものは、ない。

1日で、全て回るなら、「全線フリー 一日乗車券」が、断然、お得。

大人券1,000円(小児券500円)で、購入することができる。

和歌山バスで、ICOCAや、PiTaPaPASMOSuica等のICカード乗車券が使えるようになるのは、2020年4月1日からの予定。

コラボイベントに持っていかずに、不便さを実感できるような企画って、どうなんよって思うけど。

他府県で、当たり前のように使えるものが、和歌山では使えない。

「素敵なイベント」を、「素敵な環境」で、とは思わなかったのだろうか。

イベントに興味がなく、普段、公共交通機関を使わない俺が、言うのも可笑しな話だが、ちょっとなぁとは思う。

余談だが、もっとお得な切符もある。
和歌山観光きっぷ(往復版・片道版)|南海電鉄

どこから来られるかによって、どっちがお得か、わからないけど、時間に余裕を持って、行動していただければと。

あと、2020年2月16日(日)は、和歌浦・紀三井寺・マリーナシティ周辺で、交通規制が行われるから、移動が困難になる可能性がある。

(参考)
和歌山バスの運賃・経路・時刻表検索|わかやま交通案内|和歌山バス

Bus-Vision for 和歌山バス
Bus-Vision for 和歌山バス
開発元:株式会社リオス
無料
posted withアプリーチ


関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト