和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 後方撮影用のドラレコを撤去した 2020年1月12日

2020年01月15日(水)04時45分

後方撮影用のドラレコを撤去した 2020年1月12日

俺の軽自動車から、Transcend社製のドラレコは、なくなった。

やはり、短命だったな。

監視カメラとして、余生を送ってもらうことにする。

2019年12月15日の記事(台湾製のドラレコ 3年で寿命を迎えた 2019年12月)で、「購入時点で保証の切れていたドラレコ」を、後方ドラレコとして設置していたが、ここ数日、再起動を繰り返すようになった。

原因は、カーアダプタの接点不良。

道路の凸凹で、振動すると、再起動することがわかった。

内蔵電池も切れているようだし、その度に、エラー音が鳴るし、もういいかと。

後方ドラレコと前方ドラレコの映像をセットにして、危険運転の動画を公開したこともあったが、顔にモザイク処理をするというのも、正直、面倒な作業。

Transcend社製のドラレコを、2016年9月から、複数機種を使ってきたが、これでもう、おさらばだ。

早い段階から、メーカーに要望していた、西日本LED信号機にも対応してもらえなかった。

一時期、ECサイトでも、多くの店舗で販売されていたが、最近は、極端に少なくなった。

手頃な価格の、国内メーカーが、頑張ってるし、性能も良くなっている。

ドライブレコーダーの比較記事は、いくらでもあるので、書く気はしない。

リンクを張っておく。

で、車内配線を撤去した。

左側が、使用中の機器で、右側が、予備の配線。
P1120230.jpg

使わなくなった機器と、配線。
P1130299_202001131652338a2.jpg

ちなみに、今使っているのは、これ。
20200112dr.png


128GBのmicroSDが使える、希少機種だが、既に、生産は終了している。

耐久性のあるドラレコって、少ないわな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事