和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「きしゅう君の防犯メール」 システムを理解していないから…
2020年01月10日(金)04時45分

「きしゅう君の防犯メール」 システムを理解していないから…

このメール。
20200109kisyu.png

事件解決で、良かったね。って話だけなら、こんな記事は、書かない。

2通のメールを受信できた人と、1通のメールしか受信できなかった人が居る。

というのは、事件発生時のメールは、県警本部から送信されているが、事件解決時のメールは、和歌山西警察署から送信されている。

本文中に記載されている警察署名以外で送信されたメール、「総務課」・「生活安全企画課」・「交通企画課」・「生活環境課」・「サイバー犯罪対策課」・「交通規制課」・「組織犯罪対策課」・「公安課」等と記載されているものは、警察本部から送信されたメール。(過去のメールから拾ってみた)

警察本部から送信されたメールは、「きしゅう君の防犯メール」に登録していれば、届くもの。

つまり、「きしゅう君の防犯メール」の登録時、和歌山西警察署(和歌山市内3警察署)を登録していれば、2通のメールを受信することができたが、和歌山市内3警察署を登録せず、他の警察署を登録していた場合、事件解決のメールは届かないということになる。

登録画面の一部
kisyum.png

和歌山西警察署に問い合わせてみたが、たらい回しされ、5分で収まりきらない(5分定額)と判断し、「もう少しお待ち下さい」と言われた時に、「もういいです」と言って、切らせてもらった。

で、県警本部に電話したところ、「これは、一部の人にしか届いていませんね。」と、即答された。

2019年末の、コンビニ強盗致傷事件のメールは、事件発生も事件解決も、県警本部から送信されているので、今回のようなことにはならなかった。
20200101kisyum.png

システムを理解していないから、こういうことが起きる。

「●令和元年9月14日にメール配信しました、…」とあるのだから、そのメールは、どこが出したものか、わかるはず。

電話を、たらい回しされた時点で、ちょっとなぁ…とは思ったが。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。







今、あなたにオススメの記事