Top Page › 備忘録 › ETCマイレージのログイン情報を失念したって…? 2019年12月

2019年12月29日(日)04時45分

ETCマイレージのログイン情報を失念したって…? 2019年12月

先日、こういうハガキが届いた。
CCI20191228.jpg

ETCマイレージに登録していた車両は、今夏、自損事故を起こして廃車になった両親の乗用車。

新規登録時、母親が使っていたデスクトップパソコンにログイン情報を保存していた。

自動還元サービスに登録していれば、勝手に処理をしてくれる。

わざわざ、ログインして確認することもない。

俺には、無関係なものだったし、気にもしていなかった。

新規登録時の作業は、俺がやった記憶はあるが、ログイン情報は、俺の手元にはない。

ログインIDは、ハガキに記載されている。

でも、パスワードを記入したのは、廃車になった車両の車載器管理番号が記された書類だったような。

その書類だが、廃車後に、俺に確認せずに、ゴミに出したという。

登録時のメールアドレスも、親が使っていたフリーアドレスだったが、どういう訳か、数年前に解約(ID削除)してしまったと。

つまり、パスワードの再発行申請をインターネットで行うことができない。

Q&A7(トラブルシューティングについて) | ETCマイレージサービスにもあるが、「ETCマイレージサービス・マイレージID/パスワード照会書」に、必要事項を記入して、本人確認書類の写しを添付して、手続きすることもできる。

でも、その手続きをして、その後に、俺の軽自動車に変更しても、メリットはあるのだろうか?

昔とは違い、高速道路を利用する機会も減ったし、「平日朝夕割引」も、「月5回以上の走行」が必要。

メリットがないのなら、面倒な手続きをやるだけ無駄。

このまま、何もせず放置するという選択肢もある。

登録取消 | ETCマイレージサービスにも記載されているが、「2年間(730日)以上、ETCマイレージサービスのポイント及び還元額に増減が無かった場合、お客さまに「ご登録取消し予定のお知らせ」をお送りしています。
その後、お知らせ発行日から90日間ポイント及び還元額に増減が無い場合は、マイレージ登録を取消しさせていただきます。」となっている。

廃車になった車両が、最後に高速道路を使ったのかを、ETC利用照会サービスで確認したところ、2019年1月6日の利用が最後だということがわかった。

ということは、単純計算で、2021年1月以降に、「ご登録取消し予定のお知らせ」が届き、2021年4月以降に、登録取消となるはず。

登録した車両も、ETC車載器もないのだから、当然、利用することもない。

5,000ポイントくらい貯まっているのなら、面倒な手続きをやるかもしれないが、今回は、放置して、自然消滅させる。

こういう方法もあるということだ。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト