和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 「日本骨髄バンクニュース発行のメールによるお知らせ」終了だって 2019年12月

2019年12月11日(水)04時45分

「日本骨髄バンクニュース発行のメールによるお知らせ」終了だって 2019年12月

2019年12月4日に、こういうメールが届いてた。
20191204m.png

そして、2019年12月9日、これが届いた。
CCI20191209.jpg

骨髄バンクニュースと、これ。
CCI20191209_0001.jpg

CCI20191209_0002.jpg

移植の依頼があれば、当然、受ける。

でも、寄付の依頼に応じることはない。

転用しちゃ不味いのはわかるけど、このページには、重要なことが掲載されている。
CCI20191209_0003.jpg

でも、矛盾してるんだよな。

ペーパーレス化を進めるなら、郵送されるもの自体が不要なんじゃない?

印刷費や送料だけでも、とんでもない費用が、かかってるんじゃないかな。

骨髄バンクニュースは、インターネットで見れる。

郵送を止められないのは、ドナーの生存確認(届いたか、届かずに戻ってきたか。)が目的というのはわかる。

でも、それは、メールでもできること。

メールが不達になれば、ドナー登録者に、確認のハガキなり、封書を送れば済む。

「骨髄バンクのホームページや公式Twitter等」は、普段は見ない。

ブログの隅っこに、リンクバナーは張ってるけど。

献血Web会員サービス ラブラッド」のように、LINEで紐付けできるなら、便利かもしれないが。

それより、「満55歳の誕生日」までに、移植の依頼は来るのかな…?

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事