もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

TOP >  「和歌山」です >  市の観光課が誤った説明を? 「友ヶ島第3砲台美術館」って… 2019年11月18日

市の観光課が誤った説明を? 「友ヶ島第3砲台美術館」って… 2019年11月18日

検索すればするほど、ややこしい。

こういう時は、報道発表した部署に聞くほうが早い。

「友ヶ島第3砲台美術館」って、もう終わってしまったのか?

観光課の女性職員曰く、「もう終了しました」とのこと。

えっ、それだけ?

市が、中途半端な報道発表をするから、ややこしいことになる。

正確には、「常設展はやっているが、企画展は終了した。」と言うべきだろう。

市の報道張っ表と資料を並べるとこうなる。
友ヶ島第3砲台跡が世界初の“音”の美術館へ|和歌山市魚拓)・報道資料魚拓

要塞施設をそのまま“音”の美術館にした『友ヶ島第3砲台美術館』が、神秘の無人島・友ヶ島に 10 月 3 日(木曜日)よりオープン!|和歌山市魚拓)・報道資料魚拓

「友ヶ島第3砲台美術館」台風接近によるオープン延期について|和歌山市魚拓)・報道資料魚拓

「友ヶ島第3砲台美術館」オープン日決定について|和歌山市魚拓)・報道資料魚拓

台風接近で、すったもんだしたのは仕方ない話。

ちゃんと読めば、常設展と、企画展の違いは記載されている。

資料提供を同時に行った時点での企業さんのリンク
エイベックス、電通ライブ、バスキュール、音声AR事業で連携音声ARコンテンツの制作、プラットフォーム開発で相互協力〜 和歌山県の無人島「友ヶ島」に音声AR導入へ。世界有数の"音"の美術館も開館 〜|エイベックス株式会社魚拓

でも、市の発表と、企画展のサイトとでは、企画展の開催期間が異なっている。
ヤミツク くらやみのいきものに関する調査結果展 | 友ヶ島第3砲台美術館魚拓

企画展の最終日は、2019年10月30日(木)だったのか? それとも、2019年11月14日(木)だったのか?

「ヤミツク 〜くらやみのいきものに関する研究結果展〜」で、検索すると、最終日は、2019年10月30日(木)と記載されているページばかり。

既に終了している企画展とはいえ、どの情報が正確だったんだろう?

冒頭にも書いたが、「友ヶ島第3砲台美術館」の「常設展はやっているが、企画展は終了した。」というのが正解。

ちなみに、友ヶ島には、船でしか行くことはできない。

この情報を、お見逃しなく…。


関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事