もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 10分間以上もドクターヘリが上空旋回 こんな運用で大丈夫? 2019年11月2日
2019年11月03日(日)04時45分

10分間以上もドクターヘリが上空旋回 こんな運用で大丈夫? 2019年11月2日

10分あれば、緊急走行で、医大なり、日赤なり、搬送できるはず。

超低空飛行で、上空旋回されたら、何があったんだ?と。


俺が気付いたのが、13時23分。

ドクターヘリが着陸態勢に入ったのが、13時34分。

飛び立ったのが、14時12分頃。

とこに着陸したのか、近所の人から聞いたけど、俺が実際に見たわけではないので、書かない。

でも、「寺内」だよ。

ドクターヘリが必要な場所?

結局は、不慣れなんだよ。

消防さんの対応が。

頻繁に、ドクターヘリが飛来している地域なら、そうでもないはず。

だって、名草山付近から、東向きに飛んだドクターヘリが、30分程度で、戻ってくるのは、日常茶飯事。

今回、どれだけの時間を要したのか。

「空飛ぶ救急車」?、「空飛ぶドクターカー」?

少なくとも、10分以上も、超低空飛行で、旋回しているのを見たら、こんな運用で大丈夫?って思うわな。

近所の人が、「見たことのない、おかしなヘリコプターが、ぐるぐる回ってた。」ってさ。

知らない人は、そう思うわな。
PB020070.jpg

PB020071.jpg

PB020074.jpg

PB020076.jpg

PB020078.jpg

PB020081.jpg

PB020090.jpg

PB020091.jpg

PB020094.jpg

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事