もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 菜園日記 › 菜園の害虫を飼育していたら… 2019年10月26日
2019年10月27日(日)04時55分

菜園の害虫を飼育していたら… 2019年10月26日

直近で、飼育ケースを動画撮影したのは、2019年10月17日。

その際、異変はなかった。

その後、雨の日が続き、2019年10月26日に、飼育ケースを見たら、こんなことに。
PA269697.jpg

PA269698.jpg

これじゃあ、わからない。

角度を変えて…
PA269694.jpg

PA269695.jpg

そう、蓋の部分に、見慣れないモノが。
PA269693.jpg

PA269696.jpg

検索したら、「卵鞘(らんしょう)」というモノ。

産卵したってことだ。

蓋を取り外したら、他の害虫が逃亡してしまうので、このままにしておくしかなさそう。

産卵したということは、メスのカマキリだったんだ。

捕獲したのが、2019年10月3日。

菜園を荒らす害虫を踏み潰すのはちょっとなぁ、ってことで、飼育ケースに。

ありとあらゆる害虫を入れるから、時には、共食いする奴等も。

だけど、まさか、産卵してたとは。

一説によると、200匹以上、生まれるようで…。

幼虫が、飼育ケースの隙間から逃げ出さないように、対策を考える必要があるのかも。

卵嚢から孵化するのは、春先らしいから、まだ大丈夫だな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事