もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「和歌山」のニュースより › 「きしゅう君の防犯メール」 本当に必要な人には届いていないんだろうな(追記あり)
2019年10月24日(木)04時55分

「きしゅう君の防犯メール」 本当に必要な人には届いていないんだろうな(追記あり)

2019年10月1日から23日(24時)までに届いた、「きしゅう君の防犯メール」のタイトルリスト。

でも、こういう被害が、後を絶たない。

(2019年10月1日以降の報道リンク)
和歌山市内の高齢者、特殊詐欺被害 | WBS和歌山放送ニュース
わかやま新報 » Blog Archive » 社協装う不審電話に注意 9月以降22件発生
詐欺や空き巣の恐れも 社福協の職員装い不審電話:紀伊民報AGARA
一人暮らしの高齢女性狙う特殊詐欺 和歌山市で2件 | WBS和歌山放送ニュース
和歌山市で高齢女性が警察官を名乗る男にキャッシュカードだまし取られる | WBS和歌山放送ニュース

また、こういう報道もある。
紀南抄「防犯メールの活用有効」 / 太平洋新聞電子版

既に、削除された報道記事もあるが、新聞やラジオで注意喚起されていたり、「きしゅう君の防犯メール」で、これでもかと感じるくらい、頻繁にメール配信されているにも関わらず、被害に遭う人が後を絶たない。

ということは、被害に遭う人は、こういう犯罪があるということを知らないから、被害者になってしまっていると言えるだろう。

メールに無縁な高齢者なら、「きしゅう君の防犯メール」にも無縁だろう。

特殊詐欺の手口と注意喚起を記載したチラシを、全世帯に配布するしか、防げないのでは?

電子マネーを使った詐欺では、高齢者だけではなく、中年や若者でも被害に遭っていることもある。

今のままでは、被害件数は、減らないだろうな。

でも、リンクは張っておく。
[きしゅう君の防犯メール]

とある警察本部の偉い人が、こう言っていた。
「手口などを含めて、メール配信しているが、効果はない。」と。

こんなことを言ってるようでは、話にならない。

注意喚起する方法を見直さない限り、どうしようもないということに気付かない時点で、終わってる。

だったらどうするか?という頭はないのか?
----
(追記)
またかいな。
医療費還付金詐欺 和市の女性10万円詐取される | WBS和歌山放送ニュース
----
(追記 2019年10月25日)
報道追加
わかやま新報 » Blog Archive » カードだまし取る 70代女性135万円被害
----
(追記 2019年10月26日)
報道追加

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事