もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 「何時になったら帰ってくるの?」て怒りの電話が… 2019年9月

2019年09月25日(水)04時50分

「何時になったら帰ってくるの?」て怒りの電話が… 2019年9月

親の悪口を書いてる場合じゃないけど、ここまでやられたら、話にならない。

複数の過去記事にもあるが、今夏、俺の生活は一変した。

家族共用のカレンダーがある。

2019年9月23日の夜の時点で、24日の欄には、俺が、午前中に出掛ける(行き先)を記入しているだけだった。

先の記事にあるが、俺は、午前中に予定があり、その後、泉南市に向かった。

1件の用事が終わった頃、家族から電話が。

「あんた、何時になったら帰ってくるの?」と、不機嫌そうに。

「何?」と聞いたら、「14時発で、送ってほしい用事が入った。」と。

しかも、「16時30分に、迎えに来てほしい。」だって。

今の俺には、自由がない。

外出中であっても、電話で、予定変更を余儀なくされる。

こんな生活が、ある日、突然に始まったものだから、4週間ごとの通院も、年間15回の、とある予定も、こなせなくなってきている。

予定を、前もって、伝えてくれていれば、調整することもできる。

でも、「今日の今日」では、話にならない。

リモコン操作されているような気がするのは、気のせいだろうか?

無職だから、何とかなってるけど、無職じゃなかったら、どうするつもりだったんだろう。

まぁ、両親が健在のうちは、こういう生活が続くんだろうな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事