もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 稲作農家さんが「天気予報に騙された」って… 2019年9月21日・22日(追記あり)
2019年09月23日(月)04時50分

稲作農家さんが「天気予報に騙された」って… 2019年9月21日・22日(追記あり)

後半の三連休(2019年9月21日から23日)は、台風の影響で、大荒れの天気になるというような報道を聞いたような。

でも、和歌山地方気象台の観測データでは、2019年9月21日(の魚拓)も、22日(の20時迄の魚拓)でも、0.5mm以上の雨量は、観測されていない。

稲作農家さんのお怒りは、ごもっとも。

最悪、小雨程度なら、稲刈りを予定していたとのこと。

自身の田んぼだけではなく、委託された田んぼも含めて、一気に、稲刈りするつもりで、応援も依頼していたのだが、天気予報を信じて、延期したら、実際は、全然降らなかったと。

これだけ、予報が、コロコロ変われば、仕方ない。
Screenshot_20190920-130257.jpg

Screenshot_20190920-152343.jpg

Screenshot_20190921-030148.jpg

Screenshot_20190921-081010.jpg

Screenshot_20190921-112604.jpg

Screenshot_20190922-012048.jpg

Screenshot_20190922-185536.jpg

Screenshot_20190922-202521.jpg

2019年9月22日の昼間
P9228859.jpg

我が家の菜園も、2019年9月21日も、22日も、朝夕の水やりをした。

降ってくれなきゃ、育つものも育たない。

P9228846.jpg

P9228847.jpg

稲刈りをしている農家さんもあったが、それなりの規模で稲作をしている農家さんにとっては、予報に騙されたってことになるんだろうな。
----
(追記)
こうなるってことなのね。(一例ですが)
P9238895.jpg

P9238896.jpg

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事