もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「和歌山」のニュースより › どっちの報道記事が正しい? 大学や短大などへの県外進学率 2019年9月
2019年09月12日(木)04時45分

どっちの報道記事が正しい? 大学や短大などへの県外進学率 2019年9月

2019年9月11日の毎日新聞記事
魚拓

2015年4月9日の産経新聞記事
魚拓

毎日新聞の記事では、「1978年に全国1位となって以来、41年連続トップを維持」とある。

産経新聞の記事では、「昭和62年度(1987年度)から27年連続で「全国一」となった」とあるが、平成26年度(2014年度)の話。

産経新聞は、5年前の記事だが、「41年連続」と、「27年連続」とでは、計算が合わない。

同様の記事がないかと検索したら、こういう記事があった。

2018年6月12日の毎日新聞記事
魚拓

この記事では、「1987年度以降、31年連続で1位」とあるが、2018年6月の昨春ということは、2017年度の話。

2018年6月12日の毎日新聞記事と、2015年4月9日の産経新聞記事は、話が一致する。

ということは、誰かがサバを読んで、しかも、自社の過去記事を確認せずに、記事を出したってことになるのかな…?

それとも、文科省のデータと、県のデータの保存期間の違いで、こういうことが起きたのか?

つーか、(ワースト)2位で良いんですか?

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事