もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 「警戒レベル」は誰が出す? 「相当」って紛らわしい 2019年8月
2019年08月16日(金)04時50分

「警戒レベル」は誰が出す? 「相当」って紛らわしい 2019年8月

和歌山県のホームページには、こういうページがある。
警戒レベルの導入について | 和歌山県

和歌山市のホームページには、こういうページがある。
警戒レベルによる避難情報の発信を始めます|和歌山市

どうやら、「警戒レベル1」と「警戒レベル2」は、気象庁が発表し、「警戒レベル3」と「警戒レベル4」と「警戒レベル5」は、市町村が発令するようだ。

でも、昨日(2019年8月15日)、スマホに、こういう通知や表示があった。
Screenshot_20190815-183715.jpg

Screenshot_20190815-174437.jpg

和歌山県和歌山市が、「警戒レベル3相当」って。
Screenshot_20190815-174450.jpg

「相当」って付ければ、市町村以外でも、勝手に発表できるのか?

途中まで、キャプチャしたが、和歌山県和歌山市の警戒情報に、新宮市の熊野川が含まれていることに気付き、駄目だこりゃと。

気象情報アプリが、無責任な情報発信をしてはいけない。

天気予報を外すのは、仕方ない部分もあるが、命を守る行動の元になる情報を、曖昧な形で、出すべきではない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事