もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 和歌山市の防災行政無線 「波浪警報」だけが発表された際… 2019年8月14日(追記あり)
2019年08月15日(木)04時45分

和歌山市の防災行政無線 「波浪警報」だけが発表された際… 2019年8月14日(追記あり)

201908141020.png

2019年8月14日10時20分、波浪注意報が解除され、波浪警報が発表された。

その頃、墓参の送迎待ちで、市街地に居た。

防災行政無線が、流れないし、和歌山市防災情報メールも来ない。

帰宅後、市の総合防災課に問い合わせてみた。

「大雨警報とか、暴風警報とかと、同時に、波浪警報が発表された時は、防災行政無線を流すが、波浪警報が単体で発表された時は、流さない。」だって。

それって、おかしくないか?

最近の防災行政無線って、選挙期間中に、期日前投票の呼びかけを流したり、特殊詐欺事件が発生した時に、注意喚起情報を流したり、違う用途で、頻繁に流しているのに。

何かズレてる感じがするのは、気のせいだろうか…?

それから、余談だが、「災害時情報|和歌山市」が、災害時にしか、トップページ魚拓)に、リンクが張られない。

「災害時情報」のページからリンクされている、「家屋修繕等で業者をお探しの方へ|和歌山市」も、平常時に、見付けるのは、難しいってことになる。

「災害時情報」へのリンクを、「和歌山市防災情報提供プラットフォーム|和歌山市」にも張っておけば…と思うけど。

災害時には、トップページから。平常時は、別のページから。って方法もアリじゃないのかな。
----
(追記 2019年8月15日)
どうやら、和歌山市は、波浪警報を軽く見ているようだ。

それがこれ。
気象警報が発表されました|和歌山市魚拓

和歌山市災害警戒本部を設置したのが、令和元年(2019年)8月15日午前5時8分。

20190815hinan.png

当然、避難所開設の情報収集が遅れ、情報入力が遅れ、メール配信も遅れた。

県の説明によると、各市町村に、情報入力端末があり、瞬時に反映されるとのこと。

各市町村が、独自で、避難所開設の情報を出すならともかく、和歌山市のような体制なら、さっさと情報入力しなければいけない。

台風接近は、数日前からわかっていたにも関わらず、「暴風警報」が発表されたから、「和歌山市災害警戒本部を設置」というのは、遅すぎる。

市の総合防災課は、24時間365日、職員が居る部署だが、限られた人数しか居ない。

先が思いやられるな。

ちなみに、メール配信された情報は、ここでも確認できる。
防災わかやま:避難所情報
--
和歌山市って、アホなの?

立て続けに、避難所情報を登録(メール送信)しやがって。

201908151624.png
201908151626.png
201908151630.png
201908151631.png
201908151633.png
201908151635.png

一括入力できなかったっけ?

避難発令情報(避難勧告等)は、一括だったのにな。

過去記事で使った画像
2018070703.png

メールが煩くて仕方がないけど、住んでる地域の情報が必要だから、外せないんだよな。
--
メール、乱発し過ぎ。
201908151701.png

肝心なメールが、埋もれてしまいそう。

県の防災企画課(防災わかやまメール配信サービスの担当)、笑ってた。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事