もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 「家族葬」が流行っているが 亡くなったことを知らされないってのは…
2019年08月12日(月)04時50分

「家族葬」が流行っているが 亡くなったことを知らされないってのは…

困る。

2019年に入ってから、8月11日迄に、菜園関係で、2人が亡くなられた。

2人とも、80歳代。

ひとりは、亡くなられてから、1ヶ月後に知った。

菜園から俺の自宅までの間に、住んでた家がある。

「入院するけど、帰ってきたら、声をかけるね。」と言ってくれたのが、結果、俺にとっては、最後の言葉だった。

独り暮らしだった。

市内(市街地)に、嫁に行った娘が住んでいるとは言っていたが、見かけたことはない。

いつだったか忘れたが、見慣れない会社の2トンダンプが、その家の前に、横付けされていて、家中のものを運び出していた。

声掛けしたところ、遺品整理業者だった。

個人情報に関することは言えないが、遺品整理という言葉で判断してくだされば…と。

その数日後、娘婿だという人が、挨拶に来られた。

亡くなってから、1ヶ月だと。

手を合わせることすらできないんだよな。

今は、空き家となって、そのままになっている。

もうひとりは、亡くなられてから、3週間後に知った。

その人の菜園区画に隣接する、別の人から、雑草が増殖して、何とかしたいが、どこの人か知らないので、どうしたものかと。

我が家の菜園の周辺って、又貸しをしているところが多くて、隣接していても、誰が栽培管理しているのか、知らない人も居る。

俺は、面識があったし、ご自宅も知っていたから、訪ねてみた。

80歳代の夫婦だけで暮らしている。

奥様が出て来られ、「実は…」と。

7月下旬に亡くなられ、家族葬で済ませたと。

お仏壇に、手を合わせたいと言ったら、「ありがたい」と言ってくれて、上がらせてもらった。

何も知らなかったから、こんな格好(野良仕事スタイル)で申し訳ないと言っておいたが、知らされていないんだから、仕方ない。

菜園のことを放置することもできないので、隣接区画に面する部分にだけ、除草剤を散布してほしいと依頼された。

家族葬って、大きな家族葬から、身内だけの小さな家族葬まで、いろいろある。

100人程度の参列者で、家族葬形式と言われても、ピンとこないものも。

地域の掲示板に、葬儀案内が掲出されて、「家族葬」と記載されている時、どういう判断をすべきなんだろうな。

亡くなったことを知らせるが、葬儀には来なくていいということなのか?

通夜と告別式の日時と場所が記載されているから、行くべきなのか?

今年(2019年)は、まだ、喪服を着たことがない。

家族葬が主流となり、そういう機会が減っているのかも。

それにしても、俺とは年代が大きく違うが、菜園で顔を合わす人が、随分と減ってきた。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。