もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 価値のありそうな岩(青石)は何処へ…? 2019年8月(追記あり)
2019年08月12日(月)04時45分

価値のありそうな岩(青石)は何処へ…? 2019年8月(追記あり)

2017年4月10日の記事(価値のありそうな岩(青石)をどうするの? (都)南港山東線建設工事現場(追記あり))の関連

2019年8月4日に撮影したもの
P8047665.jpg

2019年8月11日に撮影したもの
P8117839.jpg

撮影角度が、微妙に違うが、あったものがなくなっている。

隠れていた「象」が見える。

周辺は、こうなっている。
P8117830.jpg

P8117831.jpg

P8117832.jpg

P8117833.jpg

P8117834.jpg

P8117836.jpg

P8117837.jpg

P8117838.jpg

P8117840.jpg

P8117841.jpg

P8117843.jpg

P8117844.jpg

P8117845.jpg

P8117846.jpg

そう、工事看板がない。

実は、県の入札情報システムから、おそらく、この工事だろうと、ほぼ特定している。

しかし、現場に、工事看板がないことにより、根拠が示せないから、記事としては書けない。

後出しさせないために、この記事がある。

工事看板って、どういう工事が、いつからいつまで(工期)行われ、施工業者がどこで、発注者がどこ、というのを示すもの。

他の工事現場のものだが、こういう看板。
P8117851.jpg

和歌山県が発注する工事も、横着になったものだと感心する。

思うところ、価値があるかもしれないし、交通公園に戻す際に、使うつもりがあったから、2年以上も、野ざらし状態で、保管していたんじゃないの?

価値のありそうな岩(青石)が、どこに旅立ったのか、知らないが、産業廃棄物として処理されずに、新天地で活用されることを祈るのみ。

それにしても、いつになったら、公園に戻るんだ?

和歌山交通公園 | 和歌山県魚拓)」には、「交通公園内の工事に伴うお知らせ魚拓)」が、ずっと掲載されている。

これもこれで、お粗末な話。
----
(追記)
記事を出してから気付いた。

「令和1年度 地特 第8号-3 和歌山橋本線地方特定道路整備外合併工事」として、交通公園の復旧工事が、公告されている。
公園復旧01

公園復旧02

公園復旧03

しかし、交通公園の復旧工事の落札予定日は、2019年9月5日(木)だから、価値のありそうな岩(青石)を持ち出したのは、別の工事ということになる。

ちなみに、見ての通り、和歌山交通公園の復旧は、早くても、2020年3月ってことだろうな。
----
(追記 2019年8月18日)
立入禁止区域内に、工事看板の一部らしきものがある。

でも、見えない。
P8187991.jpg

P8187990.jpg

こんな場所に設置しても、意味がない。

しかも、メイン看板がない。

公園の復旧工事が始まるまでに、終えなきゃならない工事だよな。

どうするんだろ…?
----
(追記 2019年9月6日)
「令和1年度 地特 第8号-3 和歌山橋本線地方特定道路整備外合併工事」の落札業者が決定したようだ。
20190906rakusatsu.png
(入札情報システムより)

工事の進捗状況は、定例記事で配信する。


関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事